2013年05月23日14時30分

クラウドもSNSもまとめて検索できちゃうAndroidアプリがイカス!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

CloudMagic

『CloudMagic
作者:CloudMagic
バージョン:3.6.6
対応OS:2.1以上
Google Play価格:無料
(バージョンと価格、対応OSは記事掲載時のものです)

CloudMagic

 飲み会の連絡をもらったものの、いざその詳しい内容を確認しようと思ったら、それがメールで連絡が来たのか、TwitterのDMできたのか、はたまたFacebookの投稿だったのか覚えていない……。いろいろなサービスを活用していると、こういった状況がたまにある。とはいえ、それぞれのサービスで検索していたのではめんどう。そこでオススメなのが『CloudMagic』だ。

まずは登録
CloudMagic

 アプリを起動させたら、まずは一番下にある“Don't have an account? Sign up”からサービスの登録を行なおう。以降は“Log in”からでオーケー。

各種サービスの設定
CloudMagic

 検索対象とするサービスの登録を行なう。利用できるサービスはGmailやGoogleドライブを始め、Dropbox、Evernote、Twitter、Facebookなど、クラウドサービスからSNSまで実に18種類も選択できる。

サービスの連携
CloudMagic

 連携させたい各サービスをタップしたら、IDやパスワードを入力し、連携機能をオンにしよう。

連続して登録
CloudMagic

 連続してサービスを登録する場合は“Add other accounts ~”をタップ。必要なサービスの登録が終わったら“I'm done, let me search.”を押して完了だ。

タイムラインで表示
CloudMagic
クラウドの利用状況も
CloudMagic

 メイン画面には、メールやTwitterなら受信したメールや投稿を表示し、クラウドサービスならファイル操作の状況といった具合に、登録したサービスの最新情報がタイムラインで表示してくれる。

横断的に検索
CloudMagic

 画面上部の検索フォームにテキストを入力すると、登録したサービスすべての情報を対象に検索を行なう。どのサービスでやりとりしたかを気にせず、目的の情報が探し出せるのがイカス!

詳細をチェック
CloudMagic

 タイムラインや検索で検出した項目をタップすると、さらに詳細な内容を表示するので、情報チェックに十分利用できる。

表示の切り替え
CloudMagic

 メイン画面になる左下のボタンからは、アドレス帳的に使える“People”や直近の予定を表示する“Event”などに表示の切り替えが可能。必要な情報をがチェックしやすい。

プレビューは30日で50回
CloudMagic

 無料アカウントの場合、投稿内容などの詳細情報を表示するプレビューは30日で50回まで。有料会員の“CloudMagic Pro”に登録すれば、この表示回数は無制限となる。会費は4.99ドル/月、もしくは49.99ドル/年。メニューボタンの“More settings”の“Get CloudMagic Pro”から登録可能だ。

 検索対象となるサービスが多く、検索結果の表示も速いので、インターネットサービスのヘビーユーザーにピッタリのアプリ。いつもメッセージが探し出せなくて困っているユーザーは試してみて!

『CloudMagic
作者:CloudMagic
バージョン:3.6.6
対応OS:2.1以上
Google Play価格:無料

(バージョンと価格、対応OSは記事掲載時のものです)
※Android端末は多くの機種・バージョンがあるため、特定の機種によっては誤動作・不具合などが発生する可能性があります。必ずご使用の機種で正常に動作することをご確認ください。

■ダウンロードはコチラから■
CloudMagic

中山智さんのサイト
幽玄会社中山商店

このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。

【お知らせ】
 この連載が電子書籍になりました! 特に評判の高かったアプリを厳選し、内容を改訂してご紹介しています。さらにAndroidを使いこなしたいユーザーにおすすめの一冊です。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking