2013年04月15日19時30分

世界最速ー! 下り2Gbps爆速FTTH回線サービス『NURO 光』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソネットエンタテインメントが、世界最速となる下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsの新FTTH回線サービス“NURO(ニューロ)”ブランドを発表。4月15日より、関東1都6県の戸建て、2階建て以下の(引き込み工事の可能な)集合住宅を対象とし、受け付けを開始した。

 グローバル標準の伝送規格であるGPON(Gigabit capable passive optical network)を使って開発された技術を使っており、ルーターとセットになった宅内終端装置には、最大1Gbpsで接続できる有線ポート×3と、最大速度450Mbpsで接続できる無線LANが標準装備される。

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』

 料金は月額4980円で2年契約の『NURO 光 G2 V』と、月額7480円で2年縛り無しとなる『NURO 光 G2』の2パターンを用意。いずれもプロバイダー料金込みで、PCやAndroid端末で最大5台まで組みあわせて使えるセキュリティーサービスが付属する。また、現在の電話番号をそのまま利用できる『NURO 光 でんわ』はオプション料金525円で利用できる。

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』

 法人向けには、新設の子会社ソネットビジネスアソシエイツが同技術を使用した『NURO Biz(ニューロ・ビズ)』を用意。こちらはSOHO・小規模オフィス向けのエントリープランが月額4980円~となり、固定IP・SLA標準装備となる“スタンダードプラン”(月額1万9800円)、さらに30Mの帯域保障が付く“プレミアム30Mプラン”(月額5万2500円)、50Mの帯域保障が付く“プレミアム50Mプラン”(月額15万7500円)がある。こちらも本日から申込みを開始した。

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』

 さらに、個人・法人を対象とした新LTEサービスもスタート。NTTドコモのLTE/3G回線を利用したデータ通信サービス『NURO LTE』は、下り最大100Mbpsの超高速プランで、5月までに申し込みをした場合、特典として月額料金から、モバイルWiFiルーター『FS010W』(3万2550円)の料金相当額を割引するサービスが受けられる。

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』

『FS010W』のおもなスペック

通信速度 下り100Mbps/上り50Mbps
無線LAN IEEE 802.11 b/g/n
同時接続台数 10台
バッテリー持続時間 [連続通信:LTE]約8時間
[連続通信:3G]約10時間
サイズ/重量 約70(W)×70(D)×16.6(H)mm/約108g

 

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』

超高速プラン(対応モバイルルーターをセット販売するプラン)

プラン名 『NURO LTE ハイスピード V』 『NURO LTE ハイスピード』
月額プラン 3800円/月 4980円/月
最大通信速度 下り100Mbps/上り37.5Mbps 下り100Mbps/上り37.5Mbps
追加SIM 2枚まで 2枚まで
通信規制 3日間で500MB 3日間で500MB
契約期間 2年間の定期契約 条件なし

 

定額プラン

プラン名 『NURO LTE ライト』 『NURO LTE + Talk』
月額プラン 980円/月 2310円/月(無料通話500円分含む)
最大通信速度 下り150Kbps/上り150Kbps 下り150Kbps/上り150Kbps
追加SIM 2枚まで(※データ専用) 2枚まで(※データ専用)
通信規制 3日間で500MB 3日間で500MB
契約期間 最低利用期間1年間 最低利用期間1年間

 

 この“ニューロ”というネーミングは、情報伝達をつかさどる神経細胞“ニューロン”から由来した言葉だ。無数のネットワークを加速度的につなぐ通信の未来を表わしており、2014年に試験放送を開始する4K放送なども見据え、先陣を切ったカタチとなる。

 ソネットエンタテインメントの代表取締役社長 吉田憲一郎氏は、4K放送の未来を予測した“コンテンツのリッチ化”、どこでも観たいときにすぐ観られる環境をつくる“オンデマンドの進展”、スマートテレビやモバイル機器、白物家電のWiFi対応など、ネットワーク家電の増加による“デバイスのWiFi化”を、今回の2Gbps回線サービス提供の理由に挙げた。

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』
↑ソネットエンタテインメントの吉田社長。「家族全員がさまざまなコンテンツを、有線・無線関係なく楽しめるよう、新しいサービスの具体化が必要だ」と今回のサービス開始に踏み切ったという。

 現在では当たり前のように家庭内でネットワークに繋がっている端末――テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット、携帯ゲーム機、一部白モノ家電と最大2Gbps回線を分け合うことで、どの環境でも爆速環境を享受できるようになるというイメージだ。最速環境を提供しながらも、実に挑戦的な価格である点については、「決して他社を出し抜こうという意味での低価格設定ではなく、誰でも下り2Gbpsの環境が当たり前の世の中になってほしい、という願いから。他社も是非続いて欲しいと思っている」とマーケティング担当者は語る。

 発表会には、サプライズゲストとして訪れたソニーの平井一夫社長が登場。「全世界のみなさんの感動を共有することがソニーグループ共通のミッションである」と述べ、NUROは「まさに“WAO!”と言っていただけるサービス。ソネットの新しいチャレンジです」と語った。

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』
↑ソニーの平井社長。『NURO』登場により、4K、ゲームとソニーの新しい世界が共有できるようになるだろうと熱弁。

 トークショウにはスポーツジャーナリストの中西哲生氏、経済アナリストの森永卓郎氏、タレントのすみれさん、エムオンエンタテインメントの村田専務が登場。

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』
↑左からすみれさん、中西氏、森永氏。すみれさんは米国の家族や友人らとスカイプでビデオチャットをよくするとのこと。

  全世界で行なわれているサッカーの試合をストリーミングでチェックする際、背番号やボールの回転など、止まって見えるような環境は問題外だと語る中西氏。また、森永氏は、「クンロク(9600bps)の時代から比べたら20万倍だ!」と進化について述べ、「これからは家庭のテレビも60インチオーバーになり、3D化した迫力ある音声が頭の上を突き抜けていく技術も完成しつつあるため、高速回線は必要になるだろうと述べた。

世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』 世界最速ー! 下り最大2Gbpsの爆速FTTH回線サービス『NURO 光』
↑ルーターを兼ねた『NURO 光』の終端装置。 ↑NUROモバイルはUSBタイプも選択可能。IEEE802.11b/g/n規格で3G(14.4Mbps/7.2Mbps)のみ対応。89.8(W)×26.8(D)×11(H)mm/約30g。

【20:10修正】トークショウ出演者の名前を修正いたしました。
【4月16日12:30修正】森永氏のコメントに一部誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

■関連サイト
NURO 光サービス
ソネットビジネスアソシエイツ
NURO LTEサービス概要

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking