2013年01月30日16時30分

衛星電話サービスをソフトバンクが開始、国内カバー率は100%

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソフトバンクモバイルは衛星電話サービスの提供を2月下旬以降から始める。対応端末として『SoftBank 201TH』を発売する予定だ。

 衛星電話サービスは、アラブ首長国連邦のスラヤテレコミュニケーションカンパニーが提供する通信設備を使用。衛星通信なので、従来のケータイでは圏外エリアからでも通話やデータ通信が可能だ。スラヤ社のサービス提供エリアは北南米の一部の国と地域を除く全世界。日本国内のエリアカバー率は100%になる。

SoftBank 201TH

『SoftBank 201TH』
●スラヤテレコミュニケーションズ製 ●2月下旬発売予定
●オープン価格
<SPEC>
通信方式 衛星通信
最大通信速度 下り60kbps/上り15kbps
ディスプレー 2インチ(176×220ドット)
サイズ/重量 53(W)×26.5(D)×128(H)mm/約193g



 衛星電話サービスの料金プランも同時に発表している。

『衛星電話バリュープラン』
基本使用料 4900円
無料通信 1000円
契約期間 2年(自動更新)
音声通話 160円/分(国内発、海外発ともに)
SMS通信料 70円/通(国内発、海外発ともに)
データ通信 2円/キロバイト

『衛星電話プラン』
基本使用料 9800円
無料通信 1000円
契約期間 なし
音声通話 160円/分(国内発、海外発ともに)
SMS通信料 70円/通(国内発、海外発ともに)
データ通信 2円/キロバイト

※データ通信は、ダイヤルアップでの接続になります。

国内発の音声通話料が割り引きとなる、『衛星通話料割引オプション』(月額2000円)も提供。オプションを適用すると、国内発の音声通話料 40円/分、SMS通信料 20円/通になる。ただし海外発は割引対象外だ。


地球上のどこからでも、砂漠やジャングルからメールや通話ができますね。

●関連サイト
ソフトバンク(リリース)
SoftBank 201TH

※『SoftBank TH201』のスペックについて、最大通信速度の単位が間違っていました。お詫びの上、訂正いたします。(1月30日18時)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking