2013年01月15日16時00分

ソニーブースはスマホNFC連携や4Kに積極的!気になるガジェット・技術展示:CES2013

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマホとAV周辺機器をうまく結びつけて行く仕組みや、テレビの発売以外の積極的な4Kへのコミットを魅せていたソニー。ここではソニーブースで気になった展示をざっとまとめて紹介。

●スピーカーもバックアップもNFCでワンタッチ! Sony One-touch技術展示

CES2013ソニーブース

 スマホでピッっとやるだけで面倒なペアリング設定や接続設定が済んだら便利に違いない。そんな希望を叶える技術がソニーの“one-touch”だ。こういう技術が生活のリアリティーをもって展示できるというのは、北米でもNFCの認知度が市民権を得て来たということなのだろう。中心となっていたNFCによるBluetoothペアリング技術自体はNFC規格の中に入っているものなので、理論的にはソニー製品以外とのペアリングも可能だという。

 ソニーは今後、こういったNFCを活用した機器連携を強化していく方針とのこと。今回はそういった製品はなかったが、たとえばXperiaをテレビのリモコンとして使うようなアプリのペアリングにNFCをつかったり、Xperia向けの追加センサー(血圧計や心拍系など)のペアリングに使ったりといった技術展開が想像できる。

Lightning端子搭載アンプ内蔵スピーカー『G-Tank Hi-Fi Music System』

CES2013ソニーブース
CES2013ソニーブース

 Lightning端子内蔵のDockスピーカーシステム。BluetoothとNFCも内蔵し、XperiaをNFC部分にかざすと、自動的にペアリングされ音楽再生ができる。従来のものはDockコネクターだったはずだが本機はLightningコネクターに変わっている。

本格ホームシアターシステムもNFCで連携『BDV-7100W Home Theater System』

CES2013ソニーブース

 G-Tankと同様に、NFCで端末とペアリングできるブルーレイシアターシステム。音楽のストリーミングにはBluetoothを使用する。

One-touchでテレビに映像出力

CES2013ソニーブース

 NFCをピッとやるだけ、でBRAVIAのテレビ画面にXperiaの画面を出力するデモ。NFCはテレビリモコンの裏についている。BTペアリングだけではなく、機器と機器を広く結びつけて行くUIとしてNFCを使おうとしていることがわかる。

Xperiaをかざしてカンタンにバックアップ『パーソナルコンテンツステーション』

CES2013ソニーブース

 Xperia内の写真や動画を、上部のNFCセンサーにかざすだけで、無線で自動的にバックアップできる。名称は『パーソナルコンテンツステーション LLS-201』(写真中央の白いボックス)。通信にはDLNAを使用。バックアップ以外にもHDMI経由でのビデオ出力や、メモリーカードやUSBでの写真の読み込みなど多彩な機能を搭載。ストレージ容量は1TB。価格は299ドルで6月発売予定。

NFCでカンタンペアリングのBluetoothヘッドホン『SBH-20』

CES2013ソニーブース

 カラフルなBluetoothヘッドセット。裏面にNFCセンサーを搭載していて、使い始めのペアリングをかざすだけで完了できる。Bluetooth3.0対応、バッテリーは110mAhで6時間の音楽再生と通話、400時間のスタンバイが可能。サイズは33.3ミリ四方で、重さ約12.3g。2013年第1四半期発売予定。

●ガジェット系新製品も続々

2m防水のウォークマン『Walkman NWZ-W270』

CES2013ソニーブース
CES2013ソニーブース

 イヤホン型の新型ウォークマン。容量4GBで水深2mまでの防水仕様。ランニングなどでも外れないよう軽量にできている。充電やデータ転送はは内側に見える金属端子部分に充電器をつないでおこなう。価格は99.9ドル、3月発売予定。日本でも1月15日付けで発表された。

THE X FACTORコラボヘッドホン

CES2013ソニーブース

 北米で人気のリアリティ番組“THE X FACTOR”に出演中の音楽プロデューサー、サイモン・コーウェル氏とのコラボヘッドホンの第二弾。参考出展ではあったが、いつ発売してもおかしくなさそうな製品レベルのフィニッシュになっていた。

双眼鏡型カメラ『DEV-3』の後継機種のプロトタイプ

CES2013ソニーブース
CES2013ソニーブース

 既存の双眼鏡型録画カメラ『DEV-3』の後継機種のプロトタイプを参考展示。アクリルケースに入った状態のため実機には触れなかったが、外観からゴツゴツした凹凸がなくなり全長が短くなるなど、見た目にも大幅にコンパクトになっている。
 ソニーによれば、30%の小型化を図り、防滴防塵仕様。ビューファインダーはOLEDを採用。

民生向け初の4Kハンディカムは60万円になる!?

CES2013ソニーブース

 参考展示されていたコンシューマー向けの4Kハンディカム。記録形式にはXAVC形式を採用する。詳細や投入時期は不明だが、4Kをプロ向けの技術にしておくのではなくで、積極的にコンシューマー展開も考えていく姿勢が垣間見える展示。価格は50〜60万円程度にはしたいとのこと。

●気になる最新ディスプレー参考展示

世界初・世界最大の56インチ4K有機ELテレビ

CES2013ソニーブース

 ソニーブースの目玉のひとつだった、参考展示の4KのOLED TV。台湾AUOと共同開発によるパネルを採用し、56インチの4K有機ELテレビは世界初にして世界最大。あくまで参考展示のため、発売時期や価格については未定となっている。

TRILUMINOS Display for Mobile

CES2013ソニーブース

 テレビ向けの色域を向上させる技術、TRILUMINOSのノートPC向けバージョンを参考展示。TRILUMINOS技術は、RGBで独立したLEDバックライトを使うことで、色表現を向上させるものだ。

 このモバイル版では、技術的にはテレビ版と同じ仕組みではなく、パネルをIPSに変更して、バックライトのチューニングによるブラッシュアップなどによって輝度向上、色域向上を実現している。
 同じ仕組みではないとは、パネルの描写の美しさは一目でわかり、コントラスト比の向上と、こってりした発色の良さが体感できた。2013年度中にVAIOノートシリーズでの採用をおこなっていきたいという。

CES2013まとめ:世界最大家電ショウ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking