2012年09月26日15時30分

キヤノンの新“PIXUS”7機種登場! 複合機はより薄型化、ハイアマ向けも充実

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 『PIXUS』シリーズの新モデルが、9月26日に7機種発表されました。多機能でロースタイル(すなわち低く抑えられたデザイン)を実現した複合機をはじめ、写真好きが納得できるハイアマチュアモデルまで注目の機種が登場です。

●PIXUS MG6330

120925_canon 120925_canon 120925_canon
120925_canon 120925_canon

 複合機のフラッグシップモデルがこれ。カラーは白と黒のベースカラーおよびアクセントカラーのブルー、パープル、グリーンを加えた計5色を展開。それぞれグラデーションが、フロントカバーと天板にかかっているのが特徴的な家庭用複合機です。2011年モデルのMG6230が高さ173mmだったのに対し、MG6330は148mmと25mmもロースタイル化しています。

120925_canon
120925_canon

 前面2段カセット給紙に対応し、2種類のサイズの用紙を入れ替える手間なく使えます。カセットには、上段には2L以下、下段にはA5~A4の用紙をセット可能。光でナビをするインテリジェントタッチシステムが採用され、より使いやすいインターフェースとなりました。3.5インチの液晶はもちろんタッチ対応で直感的な操作が可能です。

120925_canon

 更に、新しくなったインクタンクでランニングコストが下がり、交換頻度も減少。普通紙プリントの高速化もはかられ、モノクロA4で約15.0ipm(MG6230は12.5ipm)、A4カラーで約10.0ipm(同9.3ipm)の高速印刷が可能になりました。※ipm=image per minute
 また、スマホやタブレット、PCなどからWiFiによる直接印刷にも対応します。予想実売価格は、3万円前後。


●PIXUS PRO-10

120925_canon

 10色インクにより、上位機種PRO-1並みの高画質と色安定性を備えたA3ノビ対応のハイアマチュアモデル。クロマオプティマイザーにより、光沢均一性と黒濃度が向上しました。また、7680ノズルの新規プリントヘッドで高精細写真プリントが可能に。
 また、PCからの印刷の際、ディスプレーの見た目に近い写真プリントができる“PRO”モードや適正なインクの組み合わせと紙面へのインク滴配置に導くOIGシステム、リアルタイム駆動制御による安定した写真画質など、高画質にするための機能がてんこ盛りです。

 給紙方法は、通常給紙と手差し給紙の2択。キヤノン以外のアート紙や光沢紙など、さまざまな用紙にも対応しています。
 A3ノビ写真プリントを約5分20秒で高速印刷できるので、ストレスのない使用が可能。予想実売価格は、9万円前後。


●PIXUS MG5430

120925_canon

 高い画質とスピードを備えたスタンダードモデル。見た目はMG6330に似ていますが、インテリジェントタッチシステム非採用などの違いあり。印刷性能はほぼ互角です。予想実売価格は、2万8000円前後。


●PIXUS MG4230

120925_canon

 コンパクトながら多機能なベーシックモデル。見やすい2.5インチ液晶を搭載し、操作が簡単に。
 印刷性能は、A4カラープリントが約5.7ipm。予想実売価格は、1万6000円前後。


●PIXUS MG3230

120925_canon

 MG4230よりもさらにエントリー寄りの複合機。自動両面印刷や、スマホから簡単印刷が可能なスマフォプリに対応するなど、基本性能は十分。
 印刷性能は、A4カラープリントが約5.0ipm。予想実売価格は1万円前後。


●PIXUS iP7230

120925_canon

 前面2段カセット給紙、自動両面印刷に対応するシングルファンクションのプリンター。A4カラープリントで、約10.0ipmの高速印刷が可能。WiFiにも対応した。予想実売価格は、1万7千円前後。


●PIXUS PRO-100

120925_canon

 前出のPIXUS PRO-10の下位モデルにあたるA3ノビ対応プリンター。8色染料インクを搭載し、高発色、高光沢と暗部の色再現が向上。
 印刷性能は、PROモードに対応し、OIGシステムも搭載、リアルタイム駆動制御による安定した写真印刷ができるように。A3ノビ写真プリントは約1分30秒。予想実売価格は、6万円前後。


■関連サイト
キヤノン

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking