2012年05月12日17時00分

男のInstagram撮影術(第2回):写真界のカリスマ森山大道を目指してみた!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 路地裏の哀感、街を行き交う人々の憂いある表情――。他に類を見ない前衛的な作風が多くのファンに支持されている写真家・森山大道氏。世界的な評価も高い、写真界のカリスマです。その作品に影響を受けて写真を志す若者も多いのだとか。今回は、森山氏の世界観に、『Instagram(インスタグラム)』を使えば1ミリくらいは近づけるのではないか!? と思い立ち、彼が膨大なスナップ写真を撮影した場所としておなじみの新宿に繰り出してみました!

■モノクロにすると“それ”っぽい

男のInstagram撮影術 第2回
↑アルタ前にて。“Inkwell”をかけて、コントラストを強調するだけで、森山氏の作品ふうに仕上がる。

 森山氏は膨大な路上スナップを撮影していますが、その作品の特徴は“ブレ”や“ボケ”が多く見られることです。また、コントラストが高いモノクロの世界観が広く知られています(詳しくは「森山大道」で画像検索してみてください)。
 その世界観を再現するにあたって、今回使用したのが写真をモノクロ化できる“Inkwell”というフィルターです。これをかけると、あら不思議。何の変哲もない新宿の風景が、何となくそれっぽく見えてきます。また、iPhone版のみに搭載された(2012年5月14日訂正。Android版にもHDR機能はあります)HDR(※)ふうの機能をオンにするのもオススメ。この機能を併用すると写真のコントラストが高まり、より森山氏の世界観に近づきます。これらの加工を施したのが上の作品です。いかがでしょう? 特に何も考えずに撮影したスナップショットが、それらしく見えるでしょう?

※HDR:High dynamic range。画面の中の最も暗いところから最も明るいところまでの明るさの幅を、撮像素子の限界より広くする写真の合成方法。

男のInstagram撮影術 第2回 男のInstagram撮影術 第2回
↑フィルター“Inkwell”を通すだけで、写真の雰囲気が一変する(左は加工なし、右は“Inkwell”で加工)。
男のInstagram撮影術 第2回
↑加工画面で画面左下のボタンをタップすると、写真のコントラストが高まる。
男のInstagram撮影術 第2回
↑横丁の飲み屋で早い時間からお酒を呑む方々。ちょっとブレた感じもいい雰囲気。
男のInstagram撮影術 第2回
↑西新宿で、まゆのような形が特徴的なコクーンタワーを真下から。
男のInstagram撮影術 第2回
↑小さな居酒屋がひしめく路地にて。あまりシャープ過ぎないのが逆にいいでしょ?


■『Instaplus』を使えばよりリアルに再現できる!

男のInstagram撮影術 第2回
↑森山作品のテイストを再現できるフィルター“Daido”を搭載する『Instaplus』
男のInstagram撮影術 第2回
↑画面をタップすると明るさやコントラスト、色の濃さ微調整できる。

 「Instagramのフィルターでは物足りない、さらに大道っぽさを追求したい!」という人には『Instaplus(インスタプラス)』というiPhoneアプリがオススメです。このアプリには、その名も“Daido”と呼ばれるフィルターが搭載されており、森山作品の世界観を手軽に再現することができます。以下は、“Daido”を使用した作例。もうここまで来ると、気分は写真界の大御所ですよ!

男のInstagram撮影術 第2回
↑交差点で信号待ちしてる人。ザラっとした質感がすてき。
男のInstagram撮影術 第2回
↑ゴールデン街の風情ある街並み。白とびや黒つぶれも“味”として気にしない。
男のInstagram撮影術 第2回
↑壁のありきたりな落書きも何やら思わせぶりな雰囲気に。

 なお、Instaplusでは“Daido”を含め、17種類のフィルターを利用できます。富士フイルム製のカラーフィルムの風合いを再現した“Velvia”や、コダック製のフィルム『EPR64』を再現した“EPR”、ポラロイドカメラの名機『SX-70』で撮影したかのような“SX-80”など、カメラ好きにはたまらないフィルターが多数搭載されています。そして、これらは“かかり具合”(明るさ、コントラストなど)を微調整できるので、Instagramのフィルターでは効果が強すぎたり、物足りなかったりする場合でも自分好みのテイストに仕上げることができます。
 その他、6倍までのデジタルズームに対応するほか、写真の周囲にあしらうフレームを全23種類そろえるなど、本家のInstagramにはない機能も多数。“Daido”を使って、森山氏のような作品を撮りたいという人はもちろん、より凝った表現の写真をInstagramにアップしたいという人にもオススメです。

 というわけで、今回は森山大道ふうの写真を作成する方法にチャレンジしてみましたが、いかがでしたでしょうか。Instagramだけでも、けっこう多彩な表現ができるでしょう? なにげない風景でも、“Inkwell”フィルターを通すだけの手軽な作業で、それらしく見えるからおもしろいですよね。飲み屋でも雑踏でもなんでも撮影して加工してみると、意外な“名作”が誕生するかもしれませんよー。

【アプリ情報】

Instagram
作者 Burbn, Inc.(Instagram)
対応OS iOS 3.1.2以降/Android2.2以上
価格 無料

Instaplus
作者 Metal Red Inc.
対応OS iOS 4.0以降
価格 170円

【関連サイト】

森山大道(Google画像検索)

Instagram iPhone版ダウンロードはこちらから(App Store)Instagram - Burbn, Inc.

Instagram Android版ダウンロードはこちらから(Google Play)

Instaplus ダウンロードはこちらから(App Store)Instaplus - Metal Red Inc.

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking