2012年03月05日14時01分

待望のミドルハイクラスGPU『RADEON HD7870』、『RADEON HD7850』が出たっ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 数あるグラボの中でも、どんなゲームにも対応でき、3万円以下と手に取りやすいのが“ミドルハイエンド”クラスのGPUを搭載したグラボです。

 そんなミドルハイクラスの新GPU、『RADEON HD7870』と『RADEON HD7850』が登場しました。

RADOEN HD7800

 ハイエンドの『RADEON HD7900』シリーズは“Tahiti”コア、ミドルロークラスの『HD7700』は“Cape Verde”コアでした。そして、HD7800シリーズは“Pitcairn”コアを搭載しています。他のシリーズと同様に、オーバークロックの自由度や低消費電力性能はそのままで、性能も期待通りです!

製品名 RADEON
HD7870
RADEON
HD7850
GeForce
GTX560Ti
製造プロセス 28nm 28nm 40nm
SP数 1280基 1024基 384基
コアクロック 1000MHz 860MHz 822MHz
メモリークロック 4800MHz相当 4800MHz相当 4008MHz相当
メモリータイプ 2GB GDDR5 2GB GDDR5 1GB GDDR5
最大消費電力 175W 130W 170W
補助電源 6ピン×2 6ピン 6ピン×2

 

 重量級FPS『バトルフィールド3』で画質設定を最高にして、ライバルの『GeForce GTX560Ti』と比較してみました。

RADOEN HD7800

 最高設定でも余裕の40fps超え。もちろん、『The Elder Scrolls Ⅴ: Skyrim』では70超えと超快適。ミドルハイクラスはHD7800シリーズの独壇場です。注目して欲しいのはワットあたりの性能の良さ。高負荷時ではGTX560Tiよりも40ワット近く低消費電力です。

 またHD7000シリーズの特徴でもある、OC性能の高さを引き継いでいます。HD7870を1.175GHzにオーバークロックすると、上位のHD7950とほぼ同等のスコアーをたたき出しました。

 メーカー製品版の発表がまだですので、正確な価格はわかりませんが、週アス予想ではHD7870は3万円前後で、HD7850が2万5000円前後。製品版の発表が楽しみです。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking