2011年11月10日14時00分

キヤノン史上、最高傑作のコンパクトデジカメ『PowerShot S100』発表!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 キヤノンは12月上旬にコンパクトデジカメ『PowerShot S100』を発売する。

『PowerShot S100』
●予想実売価格 5万5000円前後
●12月上旬発売予定

CANON_S100

『S90』、『S95』と受け継がれてきたハイエンドモデル“S”シリーズの最新作。『S90』『S95』では1/1.7型CCDだった撮像素子が、『S100』では新開発のCMOSセンサーになり、最新の画像処理エンジン“DIGIC5”を搭載。さらに、広角は24ミリで光学5倍ズーム、F2の明るいレンズという豪華仕様。レンズ周囲にはコントローラーリングを装備し、ISO感度や露出補正を割り当てることで、リングを回すと設定が変更できる。

 DIGIC5自体が、前身となるDIGIC4に比べて、約1/4の低ノイズ化を図っている。DIGIC5のISO1600で撮った画像が、DIGIC4でのISO400というレベル。これだけでもスゴいが、エリアごとにホワイトバランスを調整したり、秒9.6コマのハイスピード連写ができる。そのスゴいエンジンをもとに、キヤノンはCMOSセンサーを自社で開発。
 DIGIC5対応の新CMOSセンサーは、『PowerShot SX40 HS』に搭載していた1/2.3型から1/1.7型へと大型化し、EOSシリーズで培ったCMOSセンサー技術を惜しげもなくS100に投入しているという。

 

CANON_S100
↑背面部にはコントローラーホイールを装備。
CANON_S100
↑シルバーモデルもラインアップ。

 GPSも備え、フルHD動画も撮影可能。と、作例をもらったので掲載。作例はクリックで拡大します。

CANON_S100 CANON_S100
↑トイカメラふうの作例。 ↑定番となったジオラマふう。

 とはいっても、5万円オーバーの高級機。今、高級デジカメ市場はアツい戦いが続いているが、S100も負けじと新機能を惜しげもなく搭載している。ノイズリダクションレベルの調整や、光量を調整するNDフィルターの設定ができたり、最高シャッタースピードが1/2000秒にアップするなど、これは撮影する側もこだわりにこだわった画づくりができそう。

「薄暗い居酒屋でも、いい画が撮れるカメラ」という指令から始まった(byキヤノン)という“S”シリーズの最新作に、いい画が撮れる期待が膨らむばかり。というか、居酒屋で肴にデキるカメラになりそう。

●関連サイト
キヤノン製品情報

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking