2011年08月11日11時00分

スマホ連携でグッと使いやすい日立『Wooo』! 真夏の新ラインアップに注目

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 録画できるテレビとして確固たる人気を誇る日立の『Wooo』。8月27日より、3D対応プラズマを含む新ラインアップを順次発売する。

 新ラインアップとして登場するのは、プラズマ3D高画質テレビ『GP08』シリーズと、ダブル長時間録画対応の液晶テレビ『XP08』シリーズ。
 

●プラズマ3Dテレビ『GP08』シリーズ

日立 Wooo

↑プラズマ3Dテレビ『GP08』シリーズは3モデルをラインアップ(8月27日発売予定)。

・42インチ『P42-GP08』(予想実売価格 22万円前後)
・46インチ『P46-GP08』(予想実売価格 27万円前後)
・50インチ『P50-GP08』(予想実売価格 32万円前後)

『GP08』シリーズには新開発技術として、3D映像に対応した超解像技術“ピクセルマネージャー”を搭載。臨場感あふれる3D映像が楽しめる。
 

●3Dグラス『TP-AE3D200』(別売)
 

日立 Wooo

↑3Dメガネはオプションとなる(オープン価格)。

●液晶テレビ『XP08』シリーズ

日立 Wooo

↑液晶テレビ『XP08』シリーズは3モデルをラインアップ(9月10日発売予定)。
・32インチ『L32-XP08』(予想実売価格 14万5000円前後)
・37インチ『L37-XP08』(予想実売価格 17万円前後)
・42インチ『L42-XP08』(予想実売価格 19万円前後)

●スマホ&タブレット連携

日立 Wooo 日立 Wooo 日立 Wooo

↑両モデルともスマホ&タブレット連携を導入し、録画予約といったリモコン機能など、より快適な操作を提供する。無料専用ソフト『Wooo Remote LITE for iPhone』、『同iPad』は、8月下旬より、ダウンロード提供開始予定。年末には番組表から直接録画予約も可能な『Wooo Remote for iPad』(有料)を公開する予定だ。なお、アンドロイド版も開発の予定となっている。

 また、今回のWoooには節電機能も搭載。『GP08』シリーズには、人の動きを感知して自動的に節電モードへ移行できる“人感節電センサーを、『XP08』シリーズには映像の明暗に応じてバックライトの明暗を自動的に調整する“センサーオートe”を搭載している。
 録画機能は両モデルとも内蔵HDDが500GBにパワーアップ。もちろんiVポケットによる書き出しも対応している。そのほかの詳細はWoooのサイトで確認だ。

■製品情報
Wooo GP08シリーズ
Wooo XP08シリーズ

※各製品のリンクを追加しました(8/11 12::00)。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking