2011年04月28日01時21分

AMDの“Fusion APU”『Llano』がスゴイ!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 4月25日、『Llano(リャノ)』というコードネームで呼ばれているAMDの“Fusion APU”のデモビデオと思われるものがYouTubeにリークされたようだ。『AMD Fusion (Llano) demo (leaked)』というタイトルの動画が3本アップロードされている。デモで使用されているのはモバイル向けクアッドコアモデル『A8-3510MX(1.8GHz)』というシロモノ。ターボ時の動作クロックは2.5GHzで、GPUには“HD 6620M”を採用しているとある。

動画の視聴は以下のリンクから可能。
その1その2その3
(4月28日9:00追記 AMDからの申し立てにより、3番目の動画は削除されています。)
(4月29日1:00追記 1番目と2番目の動画は投稿者により削除されました。)

Llano VS SandyBridge

 特に、3番目の動画では、インテルのデスクトップ用CPU『Core i7-2600(3.4GHz)』とマルチタスク動作時の性能を比較しているが、比較画面上のそれぞれのFPSを見てみると、i7-2600のスコアーが3.99FPSであるのに対し、A8-3510MXのスコアーは実に19.21FPS! このビデオ上では、内蔵グラフィックのパワーではSandyBridgeを圧倒しているとでた。

 また、上記の3つの動画に先駆けて、『AMD Fusion APU Llano in a Multi-Tasking Technology Demonstration』という動画もYouTube上で公開されている。

Llano VS SandyBridge

 こちらはFF14のベンチマークテストでノート用の『Core i7-2630QM(2GHz)』と対決しているものだが、i7-2630QMでは表示がコマ落ちしまくりな一方で、Llanoのテストでは多少のカクツキはあるものの、かなりスムーズに動いている。

 昨年末に発表されたロードマップでは今年の6~7月に発売を予定しており、ノートPCの新製品情報に注目したい。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking