2011年04月12日00時00分

LINX 3D SH-03C

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

週刊アスキー5月10・17日号(4月25日発売)に掲載された、特集『今買えるAndroidスマホ全19機種』(24~29ページ)の一部をピックアップしています。詳細は週刊アスキー本誌をご覧ください。

視差バリア方式採用の3D液晶端末

 おサイフ機能とワンセグを搭載した3D液晶端末。手ごろなサイズながら大容量1400mAhのバッテリーも魅力。

LINX 3D SH-03C
SPEC
メーカー シャープ
発売日 2010年12月3日
OS 2.1(春に2.2にアップデート予定)
CPU QSD8250(1GHz)
メモリー RAM512MB、ROM1GB
液晶 3.8インチ(480×800ドット)
カメラ 約960万画素
通話時間 約270分(待ち受け約410時間)
充電時間 約210分
無線LAN 802.11b/g
サイズ・重量 62(W)×13.4(D)×123(H)mm/約140g

 

ベンチマークスコア

Quadrant Standard Edition
SCORE:584

Neocore
SCORE:38.3ps

バッテリーベンチ
駆動時間:3時間33分

※液晶輝度を最大に設定、アプリ『Dolphin Browser HD』と『Tab Reload』を使って週アPLUSのページを1分ごとに再読み込みし、バッテリー切れまでの時間を測定

週アスPLUS読者の、ここが好き! ここが気になる!

「電源ボタンが正面にあり、手にフィットする本体形状がいい。レスポンスの悪さとタッチパネル感度いまいちなのが不満」


「ガラケー機能を搭載しているところは評価できるが、バージョンアップが遅すぎる。 タッチパネルの感度が悪いのか文字入力しにくい。OSバージョンアップで解消されると思いたい」
 

読者アンケート結果
 ○ここが好き  ×ここが嫌い
 1位 独自機能  1位 レスポンス
 2位 サイズ・重量  2位 駆動時間
 3位 駆動時間  3位 操作性
 4位 操作性、カメラ画質  4位 カメラ画質
 6位 レスポンス  5位 サイズ・重量
   6位 独自機能

 おサイフ機能、ワンセグ搭載が高評価。2.1のOSと古いCPUのため、不満はレスポンスに集中している。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking