2010年04月13日12時00分

単純だけど奥が深い○×(マルバツ)ゲーム「Tic Tac Toe(Old)」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

作者名:PosiMotion LLC.
価格:無料(有料版はUS$1.00)
カテゴリ名:パズル
バージョン:1.1.0
作者サイトURL:http://www.posimotion.com/

昔からあるこの遊び、シンプルゆえに何年たっても飽きない「Tic Tac Toe(Old)」。

単純だけど奥が深い○×(マルバツ)ゲーム「Tic Tac Toe(Old)」

私は子供のころ、このゲームを「○(マル)、×(バツ)」と呼んで遊んでいました。非常に懐かしいですね。ルールはシンプルで、9つの升目に○と×のマークを交互に置いて、縦、横、斜めのいずれかに自分のマークを3つ並べられたら勝ちです。一手のミスが命取りです。

単純だけど奥が深い○×(マルバツ)ゲーム「Tic Tac Toe(Old)」

メニューからでゲームを始めます。すぐに始める以外に、「2nd Player」という項目があります。
 

単純だけど奥が深い○×(マルバツ)ゲーム「Tic Tac Toe(Old)」

この「2nd Player」では、対戦相手がコンピュータか、人間かを選べます。今回は、コンピュータとの勝負に挑戦です!
 

単純だけど奥が深い○×(マルバツ)ゲーム「Tic Tac Toe(Old)」

ここからは息詰まる人間とコンピュータの攻防をお伝えしましょう。
まず私は、先行で×を選びました。○は当然向かいを陣取ります。

単純だけど奥が深い○×(マルバツ)ゲーム「Tic Tac Toe(Old)」

今度は左上角を抑えます。が、真ん中を○が抑えますが…。

単純だけど奥が深い○×(マルバツ)ゲーム「Tic Tac Toe(Old)」

右下を押さえると、×が3つ並ぶのに2通りの選択肢ができました。

単純だけど奥が深い○×(マルバツ)ゲーム「Tic Tac Toe(Old)」

真ん中に×を置いて勝利! 子供のころ、この戦法を「二重の手」と呼んでいました。いや、そんな大したものではありませんが…。

ウッカリしたら、すべてが水の泡。この緊張感がたまらないゲームです。

 

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking