2011年02月08日20時00分

【iPhoneアプリ】ドキドキする背景ぼかし写真をつくる『Blurred Photo』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

blurfx

『Blur FX』
バージョン:3.1.2
App Store価格:115円
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 「背景をぼかす。心が動きだす。胸が高鳴る。」というのはソニーαのコピーだが、背景をぼかして雰囲気のある写真を撮影するには、デジ一眼クラスのカメラがないとなかなか難しい。しかし、このアプリ『Blur FX』を使えば、カメラとして非力なiPhoneでも印象的な写真をつくり出すことが可能だ。

blurfx blurfx

 起動してライブラリからの画像選択か、もしくは新規で写真を撮ってみよう。例として今回は編集部によく来てくれるモモを使ってみることにする。背景には大人がうろうろしていて、完全に営業スマイルに見えてしまうモモをなんとかしよう。

blurfx

 写真を開くと全体にブラ―効果がかけられ、ぼんやりとした画像になる。ブラ―効果は下のスライダーで強弱をつけられるので、完全に曇らせる強さから、うっすらわかるレベルまで、好きな強さに変更可能jだ。

blurfx

 ぼやけているモモを指でなでなでこすっていくとブラ―効果が少しずつ消え、こすった部分だけ画像がはっきりする。消えているのか消えていないのかよくわからないときは、下メニューの[SHOW MASK]ボタンを押そう。ブラ―効果がかかった場所が赤く染まるので作業しやすい(もとに戻す際は[HIDE MASK])。細かい部分は拡大して作業することも可能だ。

blurfx

 完成! 編集部の小汚い背景や背後の人物がぼやけ、優しいまなざしのモモ写真になった。これは女性の写真にやってあげると大変よろこばれそう(でも作業中は変態扱いされそう)。ちなみにブラ―効果には、“Motion”、“Gaussian”(デフォルト)、“Median”の3種類がある。

blurfx blurfx

 “Motion”を選ぶと中心人物に動きが出るので、モモが一瞬で高速移動のスタンド使いのようになる。人物のキメポーズなどに使うと、なかなか無駄に良いものができる。

blurfx blurfx

 “Median”は背景が抽象画のようになって、逆にロマンチックさが加速。編集者の死にかけていた乙女心さんがニヤリと親指を突き出す程度に。

blurfx blurfx blurfx

 さらに上のメニューでは色の濃度をブラ―エリアとクリーンエリアで変更できたり、7つのフィルターをかけて遊ぶことも可能だ。

  加工後は480×480ドットから1600×1600ドットまでの6段階、サイズ変更なしのフルサイズで保存できる。良い写真ができたら、フリッカーやツイッターなどに投稿して友人に自慢しよう!

スマホの”神カメラアプリ”を教えて下さい!
写真・動画撮影、加工、保存機能を備えたiPhone&Androidカメラアプリを3月上旬まで連続レビュー中! 週アスの公式ツイッター【 @weeklyascii 】をフォローし、ハッシュタグ【 #wamcam 】を付け、みなさんが「これぞ神カメラアプリ!」と思うものを投稿して下さい。人気のあったアプリは、週刊アスキー4月19日号の特集記事でご紹介します! 抽選でプレゼントもあります(詳しくはコチラ)。

投稿例
@weeklyascii ほげほげが神。無料だし動画から静止画の切り出しができるから #wamcam

『Blur FX』
App Store価格:115円
(価格は記事掲載時のものです)
(c)Blue Sky Lim
・ダウンロードはコチラをクリック
BlurFX - DD Studio

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking