2010年10月09日17時00分

Happy Hacking Keyboard 週アスPLUSバージョン完成!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 週アスPLUSの一周年プレゼント記事、覚えていますか? 毎年8月17日はこのサイトの誕生日なのですが、その企画でPFUさんに制作をお願いしていた”Happy Hacking Keyboard 週アスPLUSバージョン”が、編集部に到着しました~!

 『Happy Hacking Keyboard』と言えば、コンパクトかつ至高の打ち心地と、いいとこ取りで知られたプレミアムキーボード。それをベースにカスタマイズしたわけですが、プレゼントの告知のときはキーの実物がなかったので、実物は初公開。なにしろ特注なのでンヵ月かかったのです。せっかく応募したのにハズレた方にはごめんなさい、雰囲気だけでも楽しんでね。

ご存じ、週アスPLUSのロゴカラーは赤と黒
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑ちょい濃いめの赤がポイントなのです。

 週アスPLUSのロゴカラーは、スカッとさわやか週アスカラーと違ってダークサイドな色合い。赤も真っ赤じゃなくて、WEBセーフカラーだと#cc0000ってな色です。そこでPFUさんには、「イメージカラーの赤いキーをお願いします」で頼みました。なんと! 新規に色を調合しているので、HHKの30万台突破キャンペーンの赤いCTRLキーとも違うかも? で、この赤キーをHHKの墨モデルと組み合わせて、墨/赤の”週アスPLUSバージョン”の出来上がり、というわけです。

一周年プレゼントのためにラインを稼働してもらいました
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑色は新規で調合してもらいました。完全ワンオフ。

 PFUさんのキャンペーンで作られた青いキーには印字があったけど、赤いキーの印字仕様は初? 見慣れない感がアリアリです。

PとLとUとSで週アス”PLUS”っと
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑当初は無刻印キーボードにこの4つの印字キーという案もありました。

 企画の元ネタはここから。キーにつけると左右が逆だけど、PLUSの綴りどおりなのでセーフでした。一番最初は赤キーひとつ案だったので。

キーは2段目と3段目に分かれるのでサイズは2パターン
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑側面印字が多いのがうれしいところ。

 複数の色キーも初? そういえば列によって形が違っていましたね。

HHK Professional2の市販の状態がこちら
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑こちらはスタッフ自腹のお仕事用アイテム。

 これは型番PD-KB400B。いわゆるHHK Pro2の墨ってモデルです。すこすこすこっていう指の沈み込みが気持よくてたまりません。英字配列なので101キーに切り替えないと、”_”アンダースコアが入力できないのが注意点。

キーを差し替えてみました。おぉ!
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑PLUSがSULPになったけど、右から読めばオーケー。

 三宅の私物キーボードでテスト。マットな墨の中に、マットな赤が毒々しくてステキ。1キーの方が色が目立つけど、これはこれでアリでしょう。

Professional JPだとこんな感じ
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑キーが多いので、赤キーが小さく見えるかな?

 今回のプレゼントではないですが、試しにWEB担サカモトの日本語キーにつけてみました。キーの数が多いので、かなり印象が違うかも。

Fnキーと併用するキーの印字も見やすい
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑SとLが両手の薬指用だから、ホームポジションがつかみやすい。

 赤いキーがバラバラの配置なんだけど、タッチタイプが前提だからあまり関係ないかな。

PFU創業50周年キャンペーンの青いキーと比較
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑青はPFUさんのコーポレートカラー。色の濃さの違いがわかる?

 PFU創業50周年青キーと比較。青というか水色かな。こう見ると、週アスPLUSバージョンは朱っぽい赤じゃなくてド赤。

さらに白いProfessional JPに装着
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑試しに白のモデルにもつけてみました。トリコロールカラーもイイ!

 イトーの50周年バージョンに週アスPLUSキーを追加してみる。ギーク御用達モデルなのだが、急にエデュケーションモデルに見える妙。

HHKは小さいので机上に複数のキーボードが置ける
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑カナ打ちだったけど、これを機会にローマ字打ち&英字配列に移行。

 使い込んでテラテラになったHHK Lite2ではありますが、墨は黒の色合いが全然違う。

当選者のみなさま、到着をお待ちください!
PFU Happy Hacking Keyboard WAM PLUS SP
↑これで約10万円! 届いたら末永くPLUSキーを愛用してください!

 ということで、紹介してきた週アスPLUSバージョンが揃いましたので、もうすぐ当選された方にお届けします! 一生分の運を使い果たしたくらいの当選確率ですから、手に入ったら超ラッキー。

 「なんだよ、そんなプレゼントは聞いてないよ」という残念な方は、またの機会をお待ちください。来年の2周年記念まで、週アスPLUSをよろしくね!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking