2010年06月03日02時44分

シャープの3Dテレビ発表会動画レポート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

  シャープの3Dテレビの特徴はズバリ“AQUOSクアトロン”技術。これまで赤、緑、青色だった3原色パネルに黄色を加えた4原色パネルを新たに採用。色域が広がることで黄色の表現力が高まるだけでなく、ゴールドの管楽器やエメラルドグリーンの海などを鮮やかに再現できるようになったそうです。ちなみにクアトロンはイタリア語で数字の“4”を表す“クアトロ”と“電子(エレクトロン)”の造語だそうです!

↑左が4原色液晶のAQUOSクアトロン3D、右が3原色液晶の映像比較です。映像の明るさや鮮やかさに差が出ているのがわかります。

 

3Dアクオス

↑通常の2D映像をリモコンボタンから擬似的に3D映像に変換できる“2D→3D変換機能”(ソニー機にも搭載してますね)に対応。さらに、メガネにあるボタンを押すと3D→2Dに変換でき、これは先行する他社にはない目新しい機能ですね。

  アクオス3Dテレビについては、6月8日(火)発売の本誌でも速報ページを用意していますので、そちらもあわせてご覧ください!

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking