2009年09月11日00時00分

IFA2009現地速報 第2弾 おカメラ編 あれもこれも欲しいーのだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

  さて、次にオレ的に注目なのはもちろんおカメラ部の部活動である。
 まずは、欧米でのみ発表されたソニーの新α。今回発表となったのはα500と550、そして850の3機種だ。

 500と550は画素数や連写速度がちがう兄弟機で、APS-Cサイズの撮像素子を搭載し、ライブビューやリトラクタブル液晶を搭載。α550は最高で秒7コマの連写が可能で、実際にやってみたが、爽快感がいいのだ。

ソニー:α850

  そして、これがα850で、なななんとα900と同じフルサイズCMOS機。もちろん見た目もほとんど同じなのだが、視野率と連写速度が下回っている。価格はα900より800ユーロ安い2000ユーロである。日本でも10万円安くして出していただきたい逸品なのだ。

 

SAMSUNG:ST550

  サムスンのデジカメは日本では入手しにくいが、一歩海外に出ればどこでも売っている。
 これはレンズの横にも液晶を搭載したST550というカメラ。この写真のように、写真を撮る直前に子供を笑わせるような動画を表示したり、撮影前のプレビューを表示して簡単に自分撮りができる。お値段は320ユーロとおもわず買いそうなところだ。

 

SAMSUNG:新型一眼

 これは年初のPMAでも展示していた新型一眼で、パナソニックのGシリーズと同様にミラーがないのが特長で、APS-Cの撮像素子ながら、このように薄い本体を実現している。ファインダーは液晶表示なのだ。

 

SAMSUNG:WB5000

  こちらは24倍光学ズームに1247万画素ISO6400の高感度モードを備えたレンズ一体型機WB5000。重量は未確定らしいが、手にすると見た目よりとても軽く感じるのだ。

 

東芝:X100(HDカムコーダーCAMILEOの最上位機種)

 日本ではみかけない東芝のHDカムコーダーCAMILEOの最上位機種X100。1000万画素の撮像素子を搭載し、10倍ズームにタッチスクリーンのオペレーション。ネットに簡単に画像をUPする能力もあるという。それにしても、本体が超光沢仕上げで、指紋はきにならないのだろうか。

 

キヤノン:7D

 こちらは日本でも発表となったキヤノンの7Dと、同時発表の手振れ補正内蔵の100mmマクロレンズ。IS機構のためか、ふつうの100mmマクロより長くて重いが、使ってみると新ISの利きがよく、手持ち自然写真のみなさんに受けそう。

 

オリンパス:E-P1

  はい、こちらもおなじみオリンパスのE-P1です。オリンパスのブースはコンパクトと一眼をきれいに分けていました。

It’s not a compact.
It’s not a SLD.
It’s a PEN.

 だそうです。欧米でもオリンパスペンは有名なんでしょうか?

 

ソニー:デジタルフレーム(スワロフスキー装飾)

 んでもって、ソニーのブースで結構大量に並べていたデジタルフレームなんですが、見てわかるでしょうか、そうです、スワロフスキーのクリスタルで装飾されているんです。ソニーのフォトフレームは画像の美しさで受けていますが、あの額縁の広さがちょっとねえという方も多いはず。そこでこういう作戦にでたのかもしれません。価格は未定ということですが、型番がついていて、発売するそうです。

 

番外編

ペンタックス:K-m(スワロフスキー装飾)

 スワロフスキーつながりではないですが、ベルリン市内のMediaMarktというヨドバシカメラのような量販店で見てしまいました。ペンタックスK-mのバリバリスワロフスキーモデルです。レンズ付きでなんと2199ユーロ!!! 日本では6万円くらいでしょうか? 張り付いたものが20ん万円ということですよね。ボディ全体にはりついてますからね。

ドイツにいながら、もうすぐ発表のライカの新機種がとっても気になるミヤノでした。

(来週の週刊アスキー753号(9月15日発売)の記事もぜひ読んでくださいね~)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking