週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

黄色いだけで価値がある! AnkerのUSB急速充電器65W「ピカチュウモデル」を衝動買い

2022年12月01日 12時00分更新

「黄色いだけで価値がある!」Anker 735ベースモデルをピカチュウ化したGaNPrime 65Wの急速充電器を衝動買いした

 この原稿を書いている今週から来週にかけては、ブラックフライデーやサイバーマンデーとやらで世界中のネットや小売店で国内外を問わず、年内最大のバーゲンシーズンだ。普段から衝動買いが特技の筆者は、この時期には普段よりはるかに余分なモノを買ってしまいそうな状況なので、自重している。

 今回ご紹介するUSB急速充電器の強気のピカチュウモデルも、幸か不幸かブラックフライデーからもサイバーマンデーからも漏れた、割引なしの販売価格で手に入れた。Ankerでは、既に発売中の3つの最新のUSB急速充電器をベースに3つのピカチュウモデルを作り販売している。

家族のスマホ用のピチューモデルUSB急速充電器20Wと筆者用のピカチュウモデルUSB急速充電器 65Wの2台を手に入れた。ほかに120Wのライチュウモデルがある。いずれも黄色のUSB充電ケーブルと雷アイコンのケーブルバンド、取説が付属する

 商品ラインアップはオリジナルベースモデルと同じく20W、65W、120WのUSB急速充電器製品で、ピチューモデル(20W)、ピカチュウモデル(65W)、ライチュウモデル(120W)の仲良しトリオモデルが対応する。筆者は今回、ピカチュウモデルとピチューモデルの2種類を手に入れた。30gと超軽量のピチューモデルは、家族がスマホ専用に使う予定だ。

ピカチュウモデルとピチューモデルも同じ黄色だが、微妙にカラーが異なる

 いずれのモデルも、USB充電器本体に加えて専用イエローUSB Type-Cケーブルと取説、雷アイコンの付いたケーブルバンドが付属する。

USB充電器はその99%が当たり障りのないオフホワイトかブラックカラーで、ピカチュウモデルは画期的なカラーで目立つこと間違いなし

 Ankerでは、この秋にiPhone 14シリーズのカラーバリエーションにあわせたUSB急速充電器を発売したが、従来からスマホやパソコンの周辺機器扱いのUSB充電器は、信頼性イメージや携帯時の目立ち度を抑制する目的から、そのほとんどの外観カラーは、オフホワイトかブラックが常識だった。ベースモデルとなったAnkerの製品も、すべてオフホワイトかブラックカラーだ。

 今回のピチュー、ピカチュウ、ライチュウモデルに関しては、すべてがアニメやゲームと同様のオリジナルのイエロー系カラーで統一され、付属するケーブルやケーブルバンド、パッケージまでもがイエロー系で統一されている。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう