週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Galaxy Aシリーズの最新機種「Galaxy A23 5G」はスマホデビューにもオススメのやさしい1台

2022年11月23日 15時00分更新

 今回レビューするのは、サムスン電子の「Galaxy A23 5G」。10月27日から発売されている、コストパフォーマンスに優れる機種がそろうGalaxyのAシリーズの最新モデルです。

 ドコモが3万3440円、auとUQ Mobile(機種変更、auからのMNP時)が3万6960円、J:COM MOBILEが3万1680円で取り扱っています。カラーは「レッド」「ブラック」「ホワイト」の3種類です。なお、J:COMではレッドの取り扱いはありません。

 今回はau版のレッドをお借りして、1週間ほど使用しました。

持ちやすいコンパクトサイズで
「かんたんモード」が魅力

 本体は縦が約150mmとコンパクトサイズ。しっかり握れるサイズ感で、片手でも安定して操作できます。側面はなじみのいいラウンド形状なので、子どもや女性など手の小さい人でもフィットするはずです。スマホデビューの1台になりうるエントリーモデルとしては、このくらいのサイズ感はぴったりではないでしょうか。

本体サイズは約150×71×9.0mm、重量は約168g

 本体右側に電源ボタンと音量ボタン、左側にSIMカードスロット、上部にはイヤホンジャック、下部にUSB Type-Cポートを搭載します。

右側に音量ボタン(上)と電源ボタン(下)

左側上部にSIMカードスロット

上部に3.5mmイヤホンジャック

下部にUSB Type-Cポート

 電源ボタンは指紋認証のセンサーも兼ねています。右手で持った状態で親指でスムーズにロック解除できるのが便利です。加えて、顔認証にも対応します。個人的には秋冬は手指が乾燥して、指紋をうまく読み取ってくれないときがあるので、顔認証が使えるのもありがたいポイントです。

 特徴の1つが、素早く切り替えられる「かんたんモード」。文字やアイコンが大きく表示され、見やすいデザインに変わります。また、“長押し”と認識するまでの時間が長め(1.5秒)に変わるほか、高コントラスト表示のキーボード、ルーペ機能を使えます。

かんたんモードではキーボードが高コントラストに。ルーペ機能は小さい文字を読むときに便利。高コントラスト表示への切り替えもできる

 ディスプレーは約5.8型のTFT液晶。解像度は1560×720ドットと低め。インカメラ部分はGalaxyでよく見られるしずく型を採用しています。サウンド面では、動画再生時に音がこもった感じに聞こえます。

上下のベゼルがやや太い

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう