週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

マツダの大型SUV「CX-60」はリッター20kmを超える好燃費の快適・快速SUVだった

2022年11月05日 12時00分更新

マツダ/CX-60 XD-HYBRID Premium Modern(547万2500円)

 「今SUVを買うならコレしかない!」。惚れっぽい性格であると自認していますが、それを差し引いても、マツダの新型SUV「CX-60」を試乗後に心底そう思いました。プレミアムブランドの輸入車SUVの、しかも上位モデルと比較しても遜色のないと断言できる1台をご紹介しましょう。

SUV王国マツダの中でも大型の1台

マツダ/CX-8

 マツダの公式サイトに掲載されている乗用車ラインアップを見た人は、誰もが「こんなにSUVばかり作ってどうするの?」と思うことでしょう。その台数はなんと14台中7台。もはやSUV王国です。ですが王国は、大きいSUVを増やしたいご様子。というのもCX-60は「ラージ商品群」の第1弾で、今後「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」の4車種がラインアップ予定です。ちなみに日本と欧州には2列シートの「CX-60」と3列シートの「CX-80」を、北米などにはワイドボディー2列シートの「CX-70」と同3列シートの「CX-90」を投入する予定で、それぞれ国の事情に合わせてエンジンを組み合わせるとのこと。

 「マツダの2列シートのSUVというと、CX-5があるじゃないか」と言われると、おっしゃる通り。ですが新型車の名前はCX-60。CX-5のリプレースではなく「CX-5では満足できない方に、より広くて上質なクルマを」というのがコンセプト。実際、CX-5に乗っていたユーザーがグレードアップを考えた際、その受け皿がCX-5の上位グレードしかなかったのです。CX-5の上位グレードは満足度の高い1台ですが、一定数は欧州勢ミドルクラスSUVにチェンジしているとか。

 つまり「BMW X3、メルセデス・ベンツ GLC、アウディ Q5、ボルボ XC60とガチで渡り合えるクルマ」が求められるようになった、というわけです。その一方、「そこまで高いクルマはイラナイけれど、もうちょっと大きなクルマがいい」という人もキチンとフォローしています。

 それゆえ、CX-60の価格は、ガソリンエンジンのベーシックモデル299万2000円からはじまって、プラグインハイブリッドの626万4500円と、幅広く設定されています。ちなみに事前受注台数が約2ヵ月半で8726台。CX-60は月販2000台を計画しているので、世間の注目度は高いクルマといえそうです。

エンジン、ハイブリッド含め4モデルをラインナップ

 CX-60は、ガソリンエンジンのSKYACTIV-G2.5、ディーゼルエンジンのSKYACTIV-D3.3、ディーゼルエンジン+ハイブリッドのe-SKYACTIV D、ガソリンエンジン+プラグインハイブリッドのPHEVと4種類のパワーユニットをラインアップしています。ちなみに受注状況はe-SKYACTIV Dが43%、ついでSKYACTIV-D3.3が37%、SKYACTIV-G2.5が15%、PHEVが5%だそうです。

CX-60が搭載するe-SKYACTIV D

 なぜディーゼルに人気が集中しているのかというと、それは3.3リットル直6ディーゼルエンジンを新規開発したから。有識者なら「内燃機関が終わろうとしてる時代に何で新規開発しているんだ」と思われるでしょう。ですが充電ステーションがまだまだ少ない現状では、ハイブリッドもしくは高効率エンジンが最適解。世界で唯一、排ガス触媒を必要としない「CDV(CDV:Clean Diesel Vehicle)」を採用し、アドブルー(尿素水)を加えなくても環境基準をクリアーするマツダの技術だからこそ、今の時代にふさわしい直6ディーゼルエンジンを設計したというわけです。

 この直6エンジンですが、+48Vのハイブリッドユニットを搭載することも可能。もともとディーゼルエンジンは低回転から太いトルクを発生する特性がありますが、それにモータートルクが加わると考えただけで、これはワクワクが止まりません! さらにワクワクするのは、CX-60はFRベースで設計されているという点。四輪駆動も用意されているのですが、「高級車といえばFRだろJK」な人にとっては、これはうれしい話ではないでしょうか。

全長4740×全幅1890×全高1685mm

 直6ユニットを「縦積み」する都合、ノーズは長め。マツダのSUVはフロントがスラントするデザインが多いのですが、CX-60はちょっとクロカンテイストといいたくなるような雰囲気です。それゆえ重厚感が同社最高といいたくなるほど。フロントマスクのドヤ感も同社最高といったところ。寸法は全長4740×全幅1890×全高1685mm。車体重量は約2トン。立派にラージSUVです。

CX-60 XD-HYBRID Premium Sports(547万2500円)

 今回取材・撮影したのは、e-SKYACTIV Dを搭載したロジウムホワイトが美しいXD-HYBRID Premium Modern(547万2500円)と、ソウルレッドのXD-HYBRID Premium Sports(547万2500円)。走行面での違いはなく、異なるのはエクステリアとインテリア。ですので時間の都合、XD-HYBRID Exclusive Modernで試乗と簡単な撮影、XD-HYBRID Premium Sportsで細かな撮影を行ないました。

CX-60 XD-HYBRID Premium Sportsは窓付近がブラック

CX-60 XD-HYBRID Premium Sportsのフロントグリルはブラック

CX-60 XD-HYBRID Premium Modernのホイール

CX-60 XD-HYBRID Premium Sportsのホイール

 エクステリアは、XD-HYBRID Premium Sportsは、フロントグリルをはじめとして、各所にブラックパーツを配置。XD-HYBRID Exclusive Modernはメッキパーツがクローム調となるほか、ホイールもシルバーになります。

CX-60 XD-HYBRID Premium Modernのインテリア

CX-60 XD-HYBRID Premium Sportsのインテリア

 インテリアにも違いがあります。XD-HYBRID Exclusive Modernは、白のナッパレザーと織物風のパネルで清潔感と開放感が印象的。XD-HYBRID Premium Sportsは、タンカラーのレザーとスエードによって重厚感を演出しています。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう