週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

次世代Gen 5 SSDも参考出展!PS5拡張用SSDやSDXCカードなどをNextrageが展示【TGS2022】

2022年09月20日 10時30分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

 ソニーグループで産業機器向けフラッシュメモリ製品を展開するNextorageの東京ゲームショウ2022ブースでは、次世代PCI Express 5.0(Gen 5)対応のM.2 SSDを参考出展などが行なわれていた。

 同社はメモリー・ストレージ・ソリューション事業に特化した会社として2019年に設立。20年の歴史を持つソニーにおけるメモリーストレージを引き継ぐ技術スタッフ集団を中心に創られたメーカー。

 Gen 5のSSDは、Intel Z690マザーボードや、AMDの次世代チップセットマザーボードに対応するが、発熱の問題が懸念されている。Gen 4のSSDは、発売当時こそヒートシンク搭載機が多かったが、その後マザーボードに標準搭載したヒートシンクの方が冷える傾向もあり、ヒートシンクを付属しないSSD製品が多かった。

 今回Nextrageが参考出展したSSDも、大型のヒートシンクと一緒に展示されていたが、同社の担当に聞いたところ、大型のヒートシンクを使わないと、一瞬で爆熱になり熱暴走を起こすが、この手の製品はエンスージアストの人から購入するため、そうした人は自分好みのヒートシンクを購入するのでは、という考えもあり、ヒートシンクを標準搭載するかどうかは未確定だという。

NextrageのGen 5 SSD。発売は、早くても今年の年末になるとのこと

ヒートシンクの放熱シミュレーションがポップで示されていた

 そのほか、ブースには同社のPlayStation 5拡張用のGen 4 SSDである「NEM-PA」シリーズの展示&計測デモや、SDXCカードが展示されていた。

NEM-PAシリーズは、最大容量4TBのモデルまでライアンアップ。3D TLC NANDを採用。最大シーケンシャルリードは7300MM/s

「NEM-PA」シリーズのデモ機として、ドスパラのゲーミングPCであるGALLERIAが使われていた

CrystalDiskMarkの計測結果。公称通り、シーケンシャルリードが現在最高クラスの7300MB/sを超えていた

UHS-I対応のSDXCカードも展示されていた

●関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう