週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

1型カメラセンサー搭載の「AQUOS R7」はマニュアルで自分の思い通りの絵が撮れる

2022年09月03日 12時00分更新

 シャープの最新ハイエンドスマートフォン「AQUOS R7(SH-52C)」。筆者も発売日にドコモ版を購入し、メインのAndroid端末として1ヵ月ほど使用しているので、ユーザー目線でのレポートをお届けします。

カメラに1型センサーを搭載した「AQUOS R7(SH-52C)」

性能は間違いなくハイエンド
イヤホンジャックも搭載でゲームにも強い

 まずは基本的なスペックから。プロセッサーはSnapdragon 8 Gen 1で、メモリーは12GB、内蔵ストレージは256GB。ディスプレーは約6.6型でPro IGZO OLEDパネルを採用しています。

本体右側面に電源ボタンと音量ボタンを配置

本体上部にはSIMスロットとイヤホンジャックがある

底面にはUSB Type-C

 ディスプレーの品質はさすがシャープ。黒の画面をプラスした240Hz駆動で、画面のスクロールなどは滑らか。自分は要件の厳しい3Dゲームなどはしないものの、タッチ操作の追従性も良く快適です。

ディスプレーは約6.6型で、質感はいい

 さらにディスプレーの明るさも◎。設定で「アウトドアビュー」をオンにしておくと、最高ピーク輝度2000nitに。そのため明るい屋外でもしっかりとディスプレーが見られ、写真や動画撮影時にモニタリングがしやすく便利です。

 またディスプレー内の指紋認証も精度が高く、指紋登録時も一回タッチする程度で認識するほど。もたつくことなくスリープから直接解除できるので便利です。

認証スピードが早く、認識率も高いのでストレスなく使える

 ディスプレー面は平面。前モデルのAQUOS R6では、ディスプレー左右の縁が丸まっているエッジディスプレーだったが、操作の際に誤作動も多かったため、使い勝手を考えれば今回のデザインの方が好みです。

エッジディスプレーではなくフラットなデザイン

 本体サイズは約77×161×9.3mmで、重量は約208g。最近のハイエンドモデルは重量化傾向にあり、AQUOS R7も同じく200gオーバー。手に持ってみるとズシリと重さを感じます。またカメラ部分の厚さは実測で約12mmなので、かなり出っ張っている印象。レンズまわりの縁もエッジのある加工なので、ほかの機材などと重ねて収納する際には注意が必要です。

カメラ部分の厚みは実測で約12mm

重量はSIMとmicroSDカードをセットした状態で、実測209g

 本体カラーはブラック、シルバーと2種類で、購入したのはブラック。どちらも背面素材はガラスでマットな加工が施されているため、直接触っても指紋が付きにくい処理になっています。

本体カラーは2色展開でシルバー(左)とブラック(右)

背面のフロスト加工は指紋が目立たなくていい

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう