週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

信玄に敗れた家康の気分!? 空前の赤字に対する孫氏のコメント

2022年08月23日 09時00分更新

時価純資産、上がるも下がるもAlibabaの影響

 会計上では、第1四半期業績として、日本の上場企業ではかつてない大規模な赤字を計上したソフトバンクグループだが、孫会長兼社長が重視している指標は、NAV(Net Asset Value、時価純資産)と、LTV(Loan to Value、保有株式に占める純負債)であり、その観点からは違う見方できると説明する。

 NAVでは、ドルベースでみると、3カ月で160億ドル減少し、1350億ドルとなったが、これを円ベースで見ると、3カ月前も、6月末時点も18兆5000億円と横ばいとなる。「NAVは円ベースでは減っていない。為替影響も、プラスで2兆2000億円の効果が出ている。NAVでは為替に助けられている」とする。

 とはいえ、NAVはピーク時から約10兆円減少している。ここでは、Alibabaの時価資産が3分の1にまで下落していることが影響。「NAVが上がるのも、下がるのもAlibabaの影響である」とする。今後のAlibabaの位置づけが注目される。

 また、「唯一、良かった要素」としたのが、LTVが改善した点である。ソフトバンクグループでは、内部財務規律として、LTVが25%未満になるように運営しているが、2022年6月末時点では、14.5%へと大きく改善した。

 「LTVは、自らがコントロールできる部分である」とし、「ソフトバンクグループは、半年以上前から守りに入ることを宣言し、純負債を大きく減らすことができた。また、今後2年分の償還財源を手元現金として積み上げることを目指しており、いまは、その2倍を持っている。守りはしっかりと固めている」と自信をみせた。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう