週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

テーブルトップPCにプリンターが内蔵! 気になる情報をすぐに印刷できる

2022年08月25日 12時00分更新

プリンター内蔵のテーブルトップPCが登場

 中国のPCメーカー「Pipo」は店舗用にちょっと変わったPCを販売しています。タッチパネル式モニターを内蔵しながら、テーブルの上に置いて使う据え置きタイプの一体型PCです。その形状から「テーブルトップPC」と呼べる製品で、筆者も過去に紹介しましたが実に7年前のこと(Windows 10アプデで真価を発揮しそうな中国の“テーブルトップPC”とは?)。当時はキワモノでしたが、その後もPipoは後継機を次々と送り出しています。

 そのテーブルトップPCの最新モデルを久々にチェックしたところ、なんとプリンターが内蔵されていました。これでPCに表示した文字や写真を印刷することができそうです。

Windows PCにレシート印刷プリンターを合体させた

 Pipoの「X3」は8.9型(1920×1200ドット)のタッチディスプレーを搭載を搭載してます。一般消費者向けではなくB2B向けの製品であり、ハードウェア構成としてインテルZ8350を搭載したWindows 10版と、SoCにRockchipのRK8233とOSにAndroid 7を搭載したモデルがあるようです。

Windows版とAndroid版がある

 本体サイズは312×151×77mm、重さは890g。横幅がちょっと長いものの机の上に置ける大きさでしょう。高さはプリンター部分が一番高く、ディスプレー側はもうちょっと低くなっています。店舗のレジとして使うことが想定されているので、この大きさはちょうどよさそうです。

プリンターが左にあるためやや横に長い

 PipoのテーブルトップPCはデスクトップPCとして使うことを想定しているため、バッテリーは内蔵されておらず電源を接続して使用します。電源端子は汎用の丸型プラグで24V/2.5A。これはぜひType-Cにしてほしいものです。そして端子は豊富に用意されています。

・RJ11
・RJ45
・RS-232C
・外部電源IN
・HDMI
・USB Type-A(2個)、USB 3.0(1個)
・Micro SDカードスロット
・3.5mmヘッドフォン

豊富な外部端子を備える

 内蔵プリンターの主な用途はレシートの印刷です。市販の市販の58mmの感熱ロール紙に横幅48mmでの印刷が可能、印字速度は90nm/秒とのこと。印字できるのは文字に加えて表やQRコードなど。おそらく専用のドライバーソフトが付いてくるのだと思いますが、グラフィックが印刷できれば活用範囲は広がりそうです。

X3の内蔵プリンターでレシートに打ち出すことのできる文字やQRコード

 実は今年の初めあたりから、一部のスマートフォンマニアの間でちょっとしたスマートフォンが人気になっています。レシートプリンター内蔵のハンディーターミナル「SUNMI V1S」です。Androidが動くスマートフォンでスペックは低いながらも、Amazonで1万円以下で販売中。日本正規品のため技適もあります。このV1SにたとえばTwitterを入れて、気になるツイートを見つけたらスクショを取ってレシートに印刷できるのです。

SunmiのV1S。格安なAndroidスマートフォンにレシートプリンターを搭載

 テーブルトップPCのX3も同様にスクショを撮ってレシートに印刷できれば、ネットで調べたちょっと気になる情報や地図などを印刷して、サイフやスマートフォンケースの内側にはさんで持ち出すことができるわけです。グラフィック印刷ができたら自宅のテーブルに常に置いておく検索用タブレットとして使えそうです。価格はAndroid版が1299元(約2万6000円)、ちょっと試してみたくなる金額ですね。

情報をレシートに印刷できたら、結構使い道はありそうだ

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう