週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

上質デザインで、気持ちよく使えるミドルレンジスマホ「OPPO Reno7 A」

2022年08月01日 12時00分更新

 オウガ・ジャパンが6月23日に発売した「OPPO Reno7 A」を使ってみました。OPPO公式オンラインショップでの価格は4万4800円で、au、UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルおよび複数のMVNOも取り扱っています。

 「Reno A」シリーズは、日本市場向けに開発されたモデルで、2019年に発売された「OPPO Reno A」以来、毎年新モデルがリリースされ、今回が4世代目。防水・防塵、おサイフケータイを含め、多くのユーザーにとって必要十分な機能を備えたミッドレンジモデルで、同社の売れ筋となっています。

 Reno Aの従来モデルは、比較的ベーシックなデザインで、機能や使い勝手が“ちょうどよい”ことが支持されていました。しかし、今回は「ときめき、長持ち。」という、従来とはちょっと一線を画するキャッチコピーが掲げられています。どこがどう変わったのか? 従来モデルのように“ちょうどよい”のか? 2週間ほど使ってみたうえでのレビューをお届けします。

さりげなく美しいデザインと
ちょうどいいサイズ感が魅力

 OPPO Reno7 Aの大きな特徴となっているのがデザインです。従来モデルは背面パネルのエッジが丸みを帯びていましたが、OPPO Reno7 Aの背面パネルはフラットで、「OPPO Glow」という独自の加工が施されています。触れるとマットでサラサラとした質感なのですが、細かいラメがキラキラと輝くような光沢があり、光の当たり方によって色合いが違って見えたりもします。キレイだけど落ち着きがあり、品が感じられる仕上がりです。

背面パネルには「OPPO Glow」という独自の加工が施されている。カラバリは2色で、これはドリームブルー

スターリーブラックは、黒というより夜空を連想させる濃いブルー

 サイドフレームもフラットで、全体的に“板”を感じさせる、最近のトレンドを踏まえたデザイン。従来のReno Aシリーズから機種変更すると、デザインだけで新しさを実感できること請け合いです。

 右側面に電源ボタン、左側面に音量ボタンを搭載する配置は従来モデルと同様。左側面にはデュアルSIMスロットも搭載し、2枚目のSIMの代わりにmicroSDカードを装着することも可能。さらにeSIMも追加できるという、至れり尽せりの仕様です。

右側面に電源ボタンを搭載

左側面にSIMスロットと音量ボタンを搭載

eSIMに対応。nanoSIM+eSIMという組み合わせで、2回線を使うこともできる

 底面には3.5mmイヤホンジャック、USB Type-Cポート、スピーカーを搭載。音楽や動画・ゲームの音声の再生に使うスピーカーはここだけ。モノラルなので、音質はそれなりですが、音量はかなり大きくできます。

底面にはイヤホンジャックとUSB Type-Cポートを搭載。なお、イヤホンや充電器は付属していない

 実際に使ってみて、最も気に入ったのはサイズ感。OPPO Reno7 Aの画面サイズは約6.4型で、前モデルのOPPO Reno5 A(約6.5型)より、わずかに小さくなっています。そのため、サイズもひと回り小さくなり、重さも約175gに抑えられています。片手での操作も苦にならず、画面も見やすく、本体の大きさは従来モデル以上に“ちょうどよい”と感じました。

横幅が約73.4mmに抑えられているので、片手でも無理なく文字を入力できる

約6.4型の有機ELディスプレーの解像度は2400×1080ドットで、リフレッシュレートは最大90Hz

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう