週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「日野南小学校」生徒さんと一緒に考えた港南区「カラフルトマト冷MEN!」

2022年06月30日 10時00分更新

 皆さん、こんにちは! 横浜市役所レストラン「TSUBAKI食堂」オーナーシェフの椿 直樹です。今回もご覧いただきありがとうございます!

前回の記事はこちら。
【連載】後半も緑区「チームヴェルデ」とのコラボメニュー「ヴェルデ御膳」

※過去の連載記事はこちら:
横浜18区の人とまちがつながるTUBAKI食堂 18区ものがたり

 「横浜18区丼」いよいよあと2区となってきました。
 「18区」=「18ヶ月」。最初は無謀な企画だという声もありましたが、たくさんの皆さまに支えていただき、何とかここまで続けてこられました。
 長いようであっという間のラス前は「港南区」になります。港南区在住の知人たちからは
「やっと港南区の出番だ~」
「待ちくたびれた~」
などのお言葉をいただくくらい、ようやくという感じですね。

 さて、港南区の区のお花は「ひまわり」です! まだ「ひまわり」が咲くのには少し早いですが、気温も上がり、だいぶ暑くなってきて夏らしい日が続くようになってきたので、「港南区丼」の前半(2022年7月1日~7月15日)はさっぱりと「冷麺」にしました!

 ただし!! ただの「冷麺」ではありません! 港南区日野南小学校の生徒さんたちと一緒に考えた『カラフルトマト冷MEN!』なんです。
 「冷MEN」の「MEN」はたくさんの人たちとのつながりで出来た「冷麺」だから。

 その内容は・・・
 港南区の「トマト」が主役。完熟トマトをシャーベットにし、チキンブイヨンベースの冷たいスープと合わせます。そして、にんにくチップで香りとコクを出し、バジルオイル、コチュジャンマヨネーズが味のアクセントになっています。
 さらに地元港南区といえば「八千代ポートリー」の新鮮卵! こちらは半熟卵にしてのせました。また、小学校の生徒さんたちの希望で、同じく港南区のハム・ソーセージ専門店「ミュンヘン」さんとコラボ。「ミュンヘン」さんオススメのハムを仕入れさせていただき、トッピング。

 小鉢にはさっぱりと瑞々しい胡瓜の歯ごたえを楽しんでいただける「オイキムチ」をご用意。デザートには日野南小学校近辺で採れる夏みかんをふんだんに使ったパウンドケーキをご用意させていただきました。初夏の丼にピッタリの涼しげなさっぱりメニューに仕上がりました。

 あまりにも早く来てしまった夏の暑さに負けないよう体調管理に気を付けていただき、「港南区丼」を是非召し上がりにいらしてください。

-----------------------------------------------------------------------------------
TSUBAKI食堂公式SNS
Instagram https://www.instagram.com/tsubaki_shokudou
Facebook https://www.facebook.com/tsubaki.ygc
LINE https://lin.ee/6a7fQzb
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCpbq3xfWlE4JMCw_7Qw-Uyw
-----------------------------------------------------------------------------------
LINE公式アカウント友達募集キャンペーン中です!!

文/椿 直樹

プロフィール
 1967年生まれ。横浜野菜の魅力を広く伝えるため2003年「横浜野菜推進委員会」を設立。その取り組みが評価され2009年、神奈川県で初めて農林水産省「地産地消の仕事人」に認定される。好きな野菜は白菜、苦手な野菜はたくさん(笑)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう