週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Hondaの最新ロードスポーツ「CBR400R」と「CBR250RR」を比較! どっちが乗りやすい?

2022年03月19日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●新 唯(@arata_yui_)編集●ASCII

Honda/CBR400R(84万1500円/写真はマットジーンズブルーメタリック)

 昨年、めでたく普通二輪免許(MT)を取得したモデルでタレントの新 唯(あらた・ゆい)さん。免許を持っていても乗らなければ、ただの身分証明書です。それではもったいないので、唯さんに色々なバイクに触れてもらいながら、お気に入りを1台を探してもらおうという泥沼コースをご用意しました。記念すべき1回目はHonda最新ロードスポーツ「CBR400R」です!

街乗りからスポーツ走行までこなせる

Honda/CBR400R(84万1500円/写真はマットジーンズブルーメタリック)

 「CBR400R」はCBRの名の通りフルカウルモデルで、400という型番の通り排気量は400cc。そしてRが一つということで、レーシングというよりツアラー的な性格に寄せた1台です。誕生したのは2013年。2016年にフルモデルチェンジし、その後もマイナーチェンジを重ねてきた400ccフルカウルスポーツの人気車種です。

Honda/CBR400Rのフロントまわり。デュアルディスクブレーキ、倒立フォークに変更されているのがポイント

 今回のモデルチェンジで改良された部分は主に足まわり。これまでは正立フォークを採用してきましたが、SHOWA製の高性能倒立フォーク「SFF-BP」(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)に変更。フロントブレーキはシングルディスクからダブルディスクとなり、ラジアルマウントキャリパーも採用。またスイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化を図るなど、各部が見直されています。ちなみに車体重量192kgはマイナーチェンジ前と変わりありません。

400cc水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒エンジン

 パワートレインはモデルチェンジ前と同様で、エンジンは400cc水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒型。最高出力は46馬力(9000回転)、最大トルク3.9kgf・m(7500rpm)を発生します。ガソリンはレギュラーで、燃料消費率はWMTCモード値で27.9km/L(クラス3-2)です。変速機は6速リターン型が搭載されています。

グランプリレッド

マットジーンズブルーメタリック

マットバリスティックブラックメタリック

 カラーリングは「グランプリレッド」・「マットバリスティックブラックメタリック」・「マットジーンズブルーメタリック」の3色。パールグレアホワイトはなくなり、新たにマットジーンズブルーメタリックが加わりました。今回お借りしたのは、新色のマットジーンズブルーメタリックです。唯さん的にこの色はかなりお気に入りのようでした。

CBR250RRとCBR400Rの違いはどこ?

Honda/CBR250RR(左)とCBR400R

 取材したのは真冬の朝。しかも雨という最悪最低のコンディション。「本当に走らないとダメですか?」とガクガクブルブル。さっそく試乗しましょう! といいたいところですが、久しぶりのバイクということもあり、まずは練習。用意したのは不肖のCBR250RRです。

 「この2台、何が違うんですか?」と唯さん。色は違いますけれどパッと見た感じCBR250RRとCBR400R結構似ています。そして値段も近かったりします。排気量も150ccしか変わらないですし、最高出力も5馬力、トルクに至っては1.4kgf・mしか違いありません。一方、異なるのは車重で、CBR250RRの方が30kg近く軽量。つまり取り回しがよいということになります。

 そして一番異なるのは税制面。CBR250RRは軽二輪ですので、自動車税は1年3600円。いっぽうCBR400Rは二輪小型自動車という区分になりますので1年6000円。

 自賠責はCBR250RRは1年8650円、CBR400Rは1年8290円と、こちらは軽二輪の方がちょっと高め。任意保険は250ccでも400ccでも変わらないようですが、最大の違いは車検。CBR250RRには車検がありませんが、CBR400Rには2年に1度の車検を受けなければなりません。車検の費用は場所によって異なりますが、法定費用も含めて、およそ5~9万円ほど。この金額はリッターバイクでも400ccでも、さらに言えば軽自動車でも、大きく変わらないような。ちなみにでも400ccでも、車検の費用はあまり変わらないようです。話を試乗に戻しましょう。

CBR250RRにまたがった唯さん

CBR400Rにまたがった唯さん

 まずはまたがってもらいましょう。身長164㎝(公称)の唯さん的に、どちらもつま先立ち状態ですが、CBR250RRの方がつま先立ち度は低いような。その上で「CBR250RRの方が車体の幅が狭くて乗りやすいようです。CBR400Rの方はハンドルがちょっと遠いようですが、上にあがっているようで、あまり前傾にならない感じがします」とのこと。写真で見ても、この違いはよくわかるかと思います。

CBR250RRを手押しする唯さん

CBR400Rを手押しする唯さん

 続いて両方の車体を押し引きしてみることに。唯さんは「CBR250RRの方が全然軽いですね。CBR400Rは教習バイクみたい」と、ちょっとだけ音を上げます。ちなみに「でもどちらも倒したら起こす自信がありません……」と少し心配そうな顔に。大丈夫です。倒しても近くにいる男性が助けてくれます! ただ修理代は自分で払いましょう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう