週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

シャオミらしい、コスパ最強モデル! 5万円台で買える1億画素カメラスマホ「Xiaomi 11T」

2022年01月02日 12時00分更新

上位モデルとほぼ変わらない性能で5万円台
「Xiaomi 11T」

 アスキースマホ総研の2人(オカモト、スピーディー末岡)が2021年冬の最新スマートフォンをクロスレビュー! 第2回は1億800画素カメラ、120Hzディスプレー、5G対応と上位モデルと遜色ないスペックながらも5万4800円という価格を実現した「Xiaomi 11T」を紹介する。

シャオミ「Xiaomi 11T」

 2021年、本格的に日本市場へスマホを投入しまくったシャオミが今年最後に日本でリリースした「Xiaomi 11T」。上位モデルの「Xiaomi 11T Pro」も同時に発売されている。

 ディスプレーは6.67型(1080×2400ドット)有機ELで、リフレッシュレートは120Hz。SoCはMediaTekのDimensity 1200 Ultraで、同社のチップセットの中では最上位にあたるが性能的にはSnapdragon 870と同等クラス。メモリーは8G、ストレージは128GBのモデルのみ。バッテリーは5000mAhで67wの急速充電に対応。

 カメラはメインが1億800万画素、800万画素の超広角、500万画素のテレマクロという3眼構成。カメラ機能はXiaomi 11T Proとまったく同じ。

 なお、5Gに対応するがドコモのバンドn79には非対応、FeliCa非対応、防水防塵非対応となっている。

FeliCaにこだわりなければオススメ
スマホ総研リーダー オカモト
評価:★★★★☆

 CPUの割にはカメラアプリにわずかなレスポンスの悪さを感じるものの、価格を考えれば性能は文句なし。120Hz対応のディスプレーも◎だし、バッテリーの持ちも普段使っている「Mi 11 Lite 5G」と比べて、ずっとよく感じた。FeliCaがなくてもいい、Snapdragonでなくてもいいのであれば、オススメできる1台。ただし、シャオミはどんどん新製品が出てきて、目移りしてしまうんだよなあ。

上位モデルとの価格差が悩ましい
主席研究員 スピーディー末岡
評価:★★★☆☆

 このモデルだけを触ったとき、このスペックで5万円台はめちゃめちゃオトクじゃないか! と思っていたのだが、上位モデルのXiaomi 11T Proを触ってしまったら「1万5000円くらいしか変わらないなら、こっちがいいな」と手のひらをくるっとひっくり返してしまった。SoCのせいか、重たいゲームはちょっと苦手だったし。

 Xiaomi 11T Proと比べると中途半端感が否めないのである。SoCはSnapdragon 888がいいし、FeliCaも載ってるし、120wの急速充電ができたほうがいいじゃないか! ただ、値段があと1万円安かったら間違いなく★×5だった。

  Xiaomi 11T Xiaomi 11T Pro
価格(税込) 5万4800円 128GB:6万9800円
256GB:7万9800円
ディスプレー 6.67型有機EL(20:9) 120Hz対応
画面解像度 1080×2400
サイズ 76.9×164.1×8.8mm
重量 203g 204g
CPU Dimensity 1200 Ultra Snapdragon 888
内蔵メモリー 8GB
内蔵ストレージ 128GB 128/256GB
OS MIUI 12.5(Android 11)
5G対応バンド サブ6(n1/3/5/7/8/20/28
/38/40/41/66/77/78)
4G対応バンド 1/2/3/4/5/7/8
/12/13/17/18/19/20/26
/28/32/66/38/40/41/42
無線LAN Wi-Fi 6
FeliCa ×
カメラ画素数 108メガ(標準)+8メガ(超広角)+5メガ(テレマクロ)
/イン16メガ
バッテリー容量 5000mAh
(67W急速充電対応)
5000mAh
(120W急速充電対応)
生体認証 ○(側面指紋センサー)
防水・防塵 ×
SIM nanoSIM×2
USB端子 Type-C
イヤホン端子 ×
カラバリ メテオライトグレー、ムーンライトホワイト、
セレスティアルブルー
 

■関連サイト

私たちがレビューしました!

アスキースマホ総研リーダー オカモト。スペックに載らない細かい話が好き

主席研究員 スピーディー末岡。スペックの数値が大好きスペック厨

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう