週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

初5Gスマホにおすすめのエントリーモデル「OPPO A55s 5G」

2021年12月22日 12時00分更新

 今回レビューするのは、OPPOの「OPPO A55s 5G」。6.5型のディスプレーを搭載しながら、薄型・軽量にもこだわった5Gスマホです。国内キャリアでは、ソフトバンクが2万7360円、楽天モバイルが3万2800円で発売中。カラーはそれぞれ「ブラック」「グリーン」の2種類となっています。

サイズ・質感にこだわり
とにかく手になじむ本体デザイン

 まずは外観から。厚さは約8.2mm、横幅は約74.7mmと、数字だけ見るとそこまでコンパクトさを感じませんが、しっかりと握って持つことができます。側面は丸みのある形状。また、背面がマットな質感で非常に手触りがいいのもポイント。公式HPでは「薄い・軽い・持ちやすい」と掲げられているように、とても手になじむサイズ感とデザインです。個人的には、本体デザインはどことなくGoogle Pixel 5/5a(5G)に似た感じを受けました。

サイズは、約74.7×162.1×8.2mm。重量は約178g

マットな背面は価格以上の上品さを感じさせる

 電源ボタンは本体右側、音量ボタンを左側に搭載します。音量ボタンは右手で持った際に自然と人差し指で押せる高さにあるので、不便さはありません。また、本体下部にイヤホンジャックを搭載。イヤホンやヘッドホンで動画・音楽を楽しみたい人にはうれしいところです。イヤホンを指せば、通信できない状態でもFMラジオを聴くことができます。

本体右側に電源ボタン

左側上部にSIMカードスロット

左側真ん中に音量ボタン

下部にはUSB Type-Cポートと、3.5mmイヤホンジャック

 画面は、約6.5型の液晶ディスプレー。解像度はFHD+(2400×1080ドット)、リフレッシュレートは最大90Hz、タッチサンプリングレートは最大180Hzといった性能で、ブラウジングの際にそのなめらかさを感じました。ただし、サウンド面はやや物足りないのが正直なところ。底面にのみスピーカーがあるので左右差が大きく、またこもり気味に聞こえます。動画や音楽をじっくり楽しむなら、イヤホンやヘッドホンの使用がマストでしょう。

インカメラは左上(縦向き時)に搭載

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう