週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

どちらもしっかりゲームをプレイできる性能ながら、それぞれ違う魅力がある2機種!

ゴリゴリにゲームするのに最高な「Alienware m15」とゲーム+テレワークにピッタリな「Dell G15」、15.6型ノートPCの魅力をそれぞれチェック

2021年12月22日 11時00分更新

提供:デル・テクノロジーズ

 最近は、PCゲームをプレイするためのパソコンとして、ノート型を選ぶ人が増えている。デスクトップパソコンと比べると、狭いスペースでも設置できるほか、持ち運んでゲームをプレイすることも可能だからだ。

 しかし、ゲームをプレイするにしても、ゴリゴリに競技タイトルをプレイしたいという人もいれば、カジュアルに様々なゲームを遊んでみたいという人もいるように、どのようにゲームをプレイしたいかによって要求スペックや必要な機能も変わってくるし、購入するために用意した予算でも、選択するマシンは変わってくる。

 自分の目的や予算に合わせてゲーミングノートパソコンを購入したい。そんな人にオススメしたいのが、デルのゲーミングノートパソコンブランド「Alienware」と「Dell G」だ。

ゲームを本気でプレイしたい人のためのAlienware、カジュアルにゲームを楽しみたい人向けの「Dell G」

 Alienwareは、ゲームをプレイするための性能、機能、技術をすべてを詰め込んだ、最高の環境でガッツリゲームプレイを楽しみたい人のためのゲーミングパソコンブランドだ。Alienwareは2021年で創業25周年を迎えるブランドなので、これまでのゲーマーが快適にゲームをプレイするためのノウハウも、最新モデルにまで踏襲されているのも魅力だ。

 対して、Dell Gシリーズは、Alienwareほどではないものの、ゲームをしっかりと楽しめる性能と機能、技術を備えつつ、どちらかというとカジュアルゲーマー向けのシリーズとなる。

 Dell Gシリーズは、Alienwareよりも比較的新しいモデルになるが、Alienwareで培ってきたゲーミングマシンのノウハウも踏襲しつつ、リーズナブルな価格も実現しているため、初めてゲーミングパソコンの購入を検討している人にもオススメできる。

 そこで今回は、Alienwareブランドの「Alienware m15 Ryzen™ Edition R5」と、Dell Gブランドの「Dell G15 Ryzen™ Edition」を借りる機会を得たので、この2つのブランドでそれぞれどういった魅力があるのか、比較しながらチェックしていこう。

試用機の主なスペック
機種名 Alienware m15 Ryzen™ Edition R5 Dell G15 Ryzen™ Edition
CPU Ryzen 7 5800H
グラフィックス GeForce RTX 3070 GeForce RTX 3060
メモリー 32GB DDR4 3200MHz 16GB DDR4 3200MHz
ストレージ 1TB SSD(M.2接続/NVMe対応) 512GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
ディスプレイ 15.6型(2560×1440ドット)、リフレッシュレート240Hz、応答速度2ms 15.6型(1920×1080ドット)、リフレッシュレート165Hz、300nit
通信規格 有線LAN(2.5GBASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
サイズ/重量 およそ幅356.2×奥行272.5×高さ22.85(最厚部)/約2.42~2.69kg およそ幅357.26×奥行272.11×高さ26.9mm/約2.57kg
OS Windows 11 Home(64bit)
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう