週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhoneのダークモードで壁紙も暗くする方法

2021年12月10日 10時00分更新

 iPhoneの画面がまぶしい。そんなときは黒を基調としたUIにしてくれるダークモードが便利ですが、ただ変更しただけではダークな色調にならないのが壁紙です。

 解決策として壁の余白を黒に近いダークな色調に変えることで、目への負担を減らすことが可能な「ダークモードで壁紙を暗くする」という設定項目が用意されています。

 手順はまず「設定」→「壁紙」の順に進み、続いて「ダークモードで壁紙を暗くする」という項目の右側にあるボタンをタップしてオンに切り替えます。これにより周囲の光にあわせた暗めの壁紙になると同時に、ダークモードのUIとの統一感もでます。

 少し目がつかれたときはダークモードだけでなく壁紙をチェックしてみましょう。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう