週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

本人バレを悪用してあなたをダマす詐欺も存在します

我がオタ趣味ブログに上司(仮)のコメントが……!?

2021年09月16日 18時00分更新

ネットで「ヒヤっ」とした体験をこっそり告白

アスキーのYouTubeチャンネル特番「アカウント乗っ取り? SNSで身バレ!!!? ネットでヒヤッとした話~【アスキー×マカフィー】がパネルで対策!」からスピンアウトしたこの連載。引き続き、ASCII.jp読者の皆さんから「思わずヒヤッとした、ネットにまつわる怖い話」を募集中です。第5回は「趣味バレ」にまつわるヒヤッと体験をお届け。

オタ趣味ブログに上司?のコメントが……

 会社に内緒でやっているオタ趣味のブログに、ハンドルネームが上司の実名と同じ方からコメントをいただきました。

 似たような趣味の上司ですし、コメント内容はブログ内容に沿った好意的なものでしたが、私だとわかって書いたのか、たまたま検索でたどり着いたのか、同姓同名の別人なのか、めちゃくちゃ悩みました。

 迂闊に聞いてヤブヘビを突きたくないのでリアルではそっとスルーしていますが、いつ「あのブログ、きみのだよね?」と聞かれるのかと思うと毎日がヒヤヒヤです。

 今回の場合、上司も同じ趣味をお持ちだということなので、万が一、上司本人からのコメントだったとしても、ダメージは最小限に収まるハズ。それどころか、「もしかして、私のブログにコメント残してくださったのは……」と、こっそり事実確認しても問題ないような。

 もし違っていたとしても今回の経緯を面白おかしく語ることで、同じ趣味を持つ上司とさらにお近づきになれる(かもしれません)。

 とはいえ、基本的に「本人バレ」は怖いもの。なかには、後ろめたい行動を利用してあなたをダマすネット詐欺も存在しますから、注意が必要です。

 たとえば、アダルト系や海賊版などの動画配信サイトをスマホで見ていたら、突然スマホのシャッター音が鳴り、同時に利用料金の送付を迫るページやバナーが出現する、という種類の詐欺があります。

 これは、『(人質代わりに)自分の顔写真を撮られてしまった!』と慌てて送金させることを狙ったもの。実際は、シャッター音のBGMが閲覧ページ上で鳴っただけなので、あなたの顔写真が撮られていたり、スマホがハッキングされたりしたわけではありません。対策としては、単純に無視すればOKです。

 どちらにせよ、違法なサイトの利用は避けるべきですし、それこそ『上司にバレたらクビになるかも……』と思える場所には近づかないことが賢明です。

アナタのとっておきの「ヒヤっとした話」を教えて!

 ご自身あるいはご家族が遭遇した体験談、はたまた友人知人から聞いた話でもOK。純粋(?)なサイバー攻撃から、ネットで交流する上でのリテラシーにまつわるイザコザまで広くお待ちしています。ご応募はこちらから。

ご好評いただいた生配信特番、みなさんからのおたよりが貯めれば第二弾も……?

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう