週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

身体の中も外も、いつまでも若々しく「整える家電~男の身だしなみ編」

2021年08月06日 20時00分更新

 近年は男性も身だしなみに気を使う時代。洋服や髪型はもちろん体のお手入れも欠かせなくなりました。“イケオジ”に成れるかどうかは、日々の手入れにかかっています。ダサいオヤジにはなりたくない、できることならスマートなオジさまを目指したいですよね。そこで今回は家電の力を借りてイケオジに近づいていきたいと思います!

無精髭なんてもってのほか。外見を整えて自慢の父親になる

 人と対峙した時に、1番最初に目が行くのはやっぱり顔。人間はファーストコンタクトから数秒で印象が決まってしまうなんて話もあります。ビジネスでも趣味友を作るときでも、第一印象は大切。中途半端な無精髭を生やしていたり剃り残し、剃刀負けの跡があると、イケオジからは遠ざかってしまいます。しっかりと手入れの行き届いた顔面こそイケオジの第一歩です。T字カミソリは肌の弱い人はカミソリ負けを頻繁に起こしてしまいます。しっかりと深剃りした上で肌への負担も減らし、カミソリ負けのないすっきりフェイスを作るなら、パナソニックの「リニアシェーバー ラムダッシュ6枚刃」がおすすめ。

ラムダッシュ初の6枚刃「ES-LS9AX」。「3日伸ばしたヒゲも剃れる」と公言するだけあり、鋭い切れ味で素早く深剃りします。全自動洗浄充電器とUSB充電ケースを付属

 発売から66年の老舗電動シェーバーのラムダッシュが今年フルモデルチェンジ。初の6枚刃採用で従来よりも切れ味・肌の保護性能も上がりました。何よりも注目なのは「Wアゴ下トリマー刃」。アゴ下のうねったゾーンを簡単に剃ることができ、従来の電気シェーバーが苦手としていた長く伸びてしまった髭もしっかり深剃りできます。コロナ禍で環境が変化し毎日ヒゲを剃らなくなった方も多少伸ばしたくらいでは全く問題なく剃ることができます。見た目も高級感がありアイテムとしてのイケオジ度もワンランクアップ間違いなしです。

アゴ下トリマー刃を2枚搭載し(金色の刃)、アゴ下の複雑なラインに伸びたヒゲもきれいにカットします。在宅ワークで伸ばしっぱなしになってしまい、慌ててオンラインミーティングに参加しなければならないときでも、短時間ですっきり。

ムダ毛処理してランニングやサイクリングもスマートに

 顔の毛が処理できたら次は体。ひと昔前は男が毛の処理なんてと言わんばかりの風潮がありましたが、現在はどうでしょうか? やはり人目に触れる腕やスネはボーボーに毛が生えているとちょっと・・・なんて方も多い様です。特に、在宅ワークで鈍った身体を鍛えるためにランニングやジム通いを始めた男性は、スネ毛や腕毛などの無駄毛が気になることでしょう。でもいきなり脱毛に行くのはハードルが高いし、そもそもツルツルってどうなの?とお考えなら、パナソニックの「ファーストボディトリマーER-GK20」でお手入れしましょう。

パナソニックの「ファーストボディトリマーER-GK20」は順手でも逆手でも持ちやすく、体のあらゆる部位の無駄毛を処理できます

 こちらは首から下を一本でお手入れできる優れもののメンズボディシェーバー。防水なのでお風呂場で使っても大丈夫です。鏡を見ながら毛を剃れる環境はお風呂が一番なので防水は重要な機能。剃る部位に合わせて持ち方を変えやすいI字ボディや、刃が直接肌に触れないためのアタッチメントなど、名前通り初めての人でも使いやすい設計です。2mmと3mmの2種類のアタッチメントを付属しており、ムダ毛を目立たない程度の長さに揃えられるのでツルツルに抵抗がある方でも使えます。

ツルツルが嫌なら、2mmと3mmのアタッチメントで自然な感じに切りそろえることができます。

目は口ほどに物を言うから、目元スッキリして好印象

 毛の処理を済ましたら、再び顔に戻って今度は目です。目は口ほどに物を言うなんてコトワザがありますが、実際その通りで、目が不健康な方は顔のイメージもドンヨリとします。筆者はツーリングとゲームが趣味で、仕事中はPCと睨めっこ。目を酷使し休まる暇がありません。その結果万年クマが取れず、疲れていないにもかかわらず、鏡の中の顔がドンヨリと見えてしまうことがあります。これではマイナスですね。

 目の休憩を取ることは大事ですが、実際問題、現代の生活で目を休める時間を作るのはなかなか難しいものです。そこで、DOCTOR AIRの「3DアイマジックS」なら目のマッサージを15分でしてくれるので、ちょっとした休憩も兼ねてケアすることが可能です。

DOCTOR AIRの「3DアイマジックS」は目の周りをじんわり温めながら、加圧と振動で目の周りの筋肉をほぐして疲れを癒やします。

 目元をじんわりと温めつつ程よい加圧とバイブレーションでマッサージ。内蔵スピーカーからはヒーリングサウンドも流してくれ、心身ともにリラックスしながら目を休めることができます。Bluetooth対応なのでスマホでお気に入りの音楽を流すことも可能です。目の部分にくぼみがあるので眼球自体に負担がかからず、さらにフロントが半透明なので着けたまま周囲の状況を認識できます。もしもの時やパッと時間を見たい時にもいちいち外す手間がなく便利です。充電式なのでどこでも使えるのも魅力。

オヤジだって歯が命。口臭トラブルもさようなら

 最後は日本でも関心が高まっているオーラルケアです。ワインやコーヒーが好きな方結構多いのではないでしょうか。筆者は紅茶派なのですが、どのみち歯にステインが残って色がついてしまいます。白い歯は健康の象徴、口周りが綺麗なら口臭トラブルとも無縁で、クリーンなイケオジになるには外せない要素です。ここでも一番大事なのは日々のお手入れ。

手磨きだけでは磨き残しゼロはなかなか難しいもの。新発売のフィリップス「ソニックケアー 9900プレステージ」なら、自分にあった磨き方を歯ブラシからアプローチしてくれます。

フィリップス「ソニックケアー 9900プレステージ」は、スマホのアプリと連動し、歯磨きした範囲やブラッシングの圧力、動き、時間、回数をトレースして、自分に適した歯磨きをガイダンスします。

 SenseIQテクノロジーの搭載により、ブラッシングの圧力や動き・範囲などを検知して磨き過ぎを防いでくれたり、Bluetoothで同期されたスマホでリアルタイムに磨き方のガイダンスをしてくれたりと、次世代の歯磨きテクノロジーを体感できます。ブラシヘッドにもこだわっており、最大で手磨きの2倍のステインを除去できるのだとしています。充電は非接触式の充電ポッドに挿して置くだけなのでデイリーの煩わしさも全くありません。しっかりした歯磨きは将来の貯金になります。歳をとった時に自分の歯で食事できるよう、若いうちから十分なケアはしておきましょう。

スマホアプリ画面。磨き残しを検知してアドバイスしてくれます

 イケオジになるための条件は色々ありそうですが、衛生的で清潔な見た目は今回の家電達でしっかりと守ってくれます。未来のイケオジ目指して今日も精進していきましょう!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう