週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Windows 11はこの先の10年を切り拓くOS足りうるのか

2021年07月05日 09時00分更新

Windows 11は新しい時代を切り拓くOSなのか、Windows 10の延長なのか

 その基本方針をベースに考えるのならば、Windows 11へとバージョンアップしたことも理解しやすい。

 だが、残念ながら、現時点での説明では、Windows 11が、これまでの発言を翻してバージョンアップをしたほどの進化が見られないのも確かだ。どうしても、Windows 10の進化という領域を出ていないように感じられる。

 新たなデザインを採用したユーザーインターフェースや、パーソナル化できる部分を増やしたり、つながりやすくしたりといった新たな機能は、それぞれには評価できるものの、ナデラ会長兼CEOが語るように「新しい時代のWindowsの最初のバージョン」というには、やや迫力に欠ける。

 いまのままでは、むしろ、しばらくはWindows 10を使っていてもいいというユーザーを生み出し、時代が変化する前のOSが主流のまま生き残ることになる。

 Windows 11が、ナデラ会長兼CEOが位置づける「次の10年とその先のために構築したOS」であるのならば、それを示すことができる片鱗を、なるべく早い段階で見せてほしい。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう