週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

麺は1.5玉の大盛!

丸亀製麺「神戸牛つけうどん」(890円)が6日に発売。焼肉屋風の“旨辛”で無心に食べられる

2021年07月01日 14時00分更新

 「神戸牛」というと私にとって憧れの高級ブランド和牛。給料日前にお中元のカタログの神戸牛をつい見てしまってクラクラしたことがあります。なにしろ世界的にも評価が高い和牛ですのでお値段もそれなりするのはいなめません。

 高貴な神戸牛にお会いしたい……。そう思っていたら、讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」が神戸牛を使用したメニューを7月6日から対象の507店舗で販売。数量限定です。

 「神戸牛旨辛つけうどん」(890円)、「神戸牛焼肉丼」(590円)の2種。神戸牛を扱っているにしては身構える金額ではありません。これはうれしいではないですか! 発売前ではありますが、一足先に味わってきました!

「神戸牛旨辛つけうどん」(890円)

丸亀製麺の「神戸牛旨辛つけうどん」(890円)のお味は?

 冷たいうどんを別添えのつけだしにつけて食べる「つけうどん」タイプ。夏らしいですね。うどんには神戸牛と海苔、ゴマがトッピングされ、香ばしい香り。

うどんは1.5玉

 うどんは、実は1.5玉。丸亀製麺では通常うどんのサイズが並、大盛、得盛と3サイズ用意されていますが、この「神戸牛旨辛つけうどん」に関しては1サイズのみ。あらかじめ用意されたサイズが1.5玉と大盛のサイズなんです。

ラー油の刺激がポイント

 つけだしはラー油などを加えた旨辛仕立て。温泉玉子も入っています。 

 大盛、旨辛でガッツリ食べられる夏の食欲増進メニュー、ということでしょうか。神戸牛をそんなラフにいっちゃっていいの?

神戸牛。ひと切れが大きい!

 まずはお肉だけで味わう。

注文ごとに焼き上げ

白ネギ、刻み海苔をトッピングして仕上げ

 お肉は注文が入ってから調理場ですき焼き風に焼き上げてくれて、アツアツです。クチに含むとギュッギュッとした噛み応え。そして……、甘い。神戸牛ってトウモロコシのような香ばしい甘みがあるんですね。和牛というとサシ(脂)たっぷりを想像するかもしれませんが、どちらかというと赤身よりで旨味が濃厚。

旨辛の濃い味と意外に合う

 ラー油がピリッときいたつけだしは、イメージとしては焼肉のたれのような濃厚な味わい。高級なお肉に力強いスタミナ系の味はアンバランスではないかと一瞬疑問でしたが、意外なこと神戸牛の旨味が濃いので、つけだしをまとうことでことでお肉自身の味もより生きてきます。

ツルモチのおうどん

 おうどんはピチッと元気な太麺。丸亀製麺のうどんは店舗ごとに製麺していて、もっちりした弾力が特徴です。太いのでつけだしに移すのがちょっと大変ですが、そこも面白み。

好みの薬味を加えて。ネギはのせるだけ食感が増して食べ進みがよくなります

そそる味付けで1.5玉も軽い!

 旨辛のつけだしや、お肉の下に敷かれた白ネギ(ゴマ油が絡んでます)の刺激が食欲を増進させて、進む、進む。焼肉屋さんのまかないメニューのような雰囲気で、学生の気持ちに戻って無心にがっつけます。つけだしは、途中で温泉玉子をくずしてまろやかに味変。辛いものが好きな私としては途中で辛さを足したくなりました。卓上の七味で辛さをアップさせるのもよいでしょう。

 食欲を掻き立てる味付けで1.5玉もペロリといけちゃう。神戸牛なのに気取らずにいけるつけうどんです。食べ盛りの学生さんや、しっかり食べたい社会人の方も満足できること間違いなし。いいぞ、丸亀製麺さん。

お手頃「神戸牛焼肉丼」(590円)も

「神戸牛焼肉丼」(590円) こちらはテイクアウトも可能です

 さて、もう一方の神戸牛メニュー。「神戸牛焼肉丼」も食べてみました。

 丼とはいっても、少し小さめサイズ。うどんと一緒に注文することが想定されたサイズなのでしょうね。

 玉子を割っていただきました!

肉質が上品!

 ニンニク、生姜がきいた味付けの、いわゆるオーソドックスな焼肉丼。丸亀製麺で以前登場した「神戸牛すき焼き丼」は、柔らかく神戸牛を炊いていましたが、今回は焼き上げているのでお肉のムギュッとした噛み応えを確かめながらいただけます。

 鼻から抜ける神戸牛の甘み……! 神戸牛の肉質の良さなのでしょう、コッテリした味付けでも脂がもたれず上品です。

「神戸牛旨辛つけうどん」「神戸牛焼肉丼」両方頼んでも1480円

 590円という手頃さなので「神戸牛旨辛つけうどん」と併せてダブル神戸牛で楽しむのもよし、オーソドックスな釜揚げうどんに足すのもよし。

 丸亀製麺の神戸牛メニュー「神戸牛旨辛つけうどん」「神戸牛焼肉丼」は7月6日から。数量限定ですので、お早めに足を運ぶといいでしょう。

実は今回が神戸牛ファイナルかも

 丸亀製麺で神戸牛のメニューを出すのはこれで4回目。2020年9月から、生産者応援の狙いで兵庫発祥の丸亀製麺と縁もある神戸牛を採用したメニューを期間限定で出してきました。第1弾は、夜限定の「神戸牛づくし膳」「神戸牛すき焼きうどん」。今年1月に第2弾「神戸牛と特大海老天うどん」。続いて4月に第3弾「神戸牛と大和芋のとろ玉うどん」「神戸牛すき焼き丼」を販売。

7月6日~一週間くらいで売り切れる……かも!?

 これまで一週間程度で売り切れてきてしまった実績があるので、今回も一週間程度の販売期間が目安なのかもしれません。

 しかも……。こう4回も神戸牛メニューを出してきているので「また次があるのでは?」と、丸亀製麺の広報担当にお尋ねしたところ「神戸牛を使用したメニューの次の予定は決まっていません。もしかしてこれが最後になるかもしれません」とのことでした。な、な、なんとー。丸亀製麺の神戸牛、これがファイナルの可能性も!

 というわけで、お手頃価格で神戸牛を堪能したい人は丸亀製麺へ。店舗によっては扱いがないので、狙っていく場合コチラから対象店舗を確認していくことをお勧めします。

※記事中の価格は税込

■関連サイト


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterまで
アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう