週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【連載】旅するROUROU!

2021年05月25日 12時30分更新

 こんにちは! ROUROUデザイナーの早園マキです。

 さわやかな5月! と思いきや、 今年は梅雨入りが早いそうですね。雨と湿度で鬱々してしまいそうですが、雨を楽しむ過ごし方や、気持ちが晴れやかになるグッズなどで乗り切りたいですネ!

 前回はこちらをご紹介しました。

【連載】横浜愛を服や雑貨に!横浜マルチウェイスカーフ 第1回

※過去の連載記事はこちら:早園マキのROUROU国へようこそ!

 さて、「ROUROU」は横浜中華街の関帝廟近くに店を構えているのですが、20年も続けていると地元・横浜の方はもちろん、各地から観光でいらしたお客様がファンになってくれたりします。

 この記事の最初の写真は過去に開催したファンの方々との集いからの一枚です。

 北から南まで「ロウラー」と呼ばれる顧客の方がいらっしゃるので、そんなファンのお客様のために、そしてまた未だ「ROUROU」の存在を知らない方を探しに!? 「旅するROUROU」と題して、全国催事を行なっております。

 この「旅するROUROU」は、2004年に初めて広島で開催したのを皮切りに、その後、京都、大阪、新潟、福岡、富山、名古屋、神戸、札幌、沖縄と、全国行脚してきました。

広島の催事にて

 そしてこのたび、初の東北地方、仙台の百貨店「藤崎」に出店させていただきました!!

仙台の催事にて

 過去に実績がない仙台で、どれくらいのお客様が来てくださるのかと不安ではありましたが、仙台ロウラーの方、近県から高速バスで来てくれたロウラーの方、偶然通りかかって「ROUROUだ!」と、既にご存じだった方々、そして初めて「ROUROU」を知って興味を持ってくださるお客様。

 皆さんによろこんでいただき、「あーーーー! 来てよかった!!」と、同行したスタッフと胸をなで下ろしました。

 店頭でお客様に横浜から来たことを伝えると、ほとんどの方が横浜での思い出や、想いなどを話してくれます。

 ある方は、娘さんが上大岡に住んでいて、会いに行った時には必ず中華街へ行くとか、またある方は、横浜が好きすぎて!? 最近、山下公園の側にマンションを購入なさったとか(笑)

 横浜の話をすると、なんだか皆さん思い出を懐かしむような、優しい表情に変わるような気がしました。

「中華街きっと大変だと思うけど、また状況が落ち着いたら行くからがんばってね!」などはげましの言葉もいただき、そんな会話の数々から、改めて横浜は愛されているなぁと感じ、「ROUROU」が横浜発信のブランドであること、また私も横浜在住であることに誇りを感じるのでした。

 早く状況が落ち着き、本当に皆さんに遊びに来て欲しいものですネ!!

 仙台に続き、今年は水戸でも開催予定! ROUROU東北方面が熱いです(笑)またどんな出会いがあるか楽しみです♬

 では最後に最近のROUROUのラインナップを紹介します。

 ▼毎年大人気!夏のROUROUTシャツ!!今年は切り絵風のパステルカラー!
 https://www.rourou.com/products/detail.php?product_id=4667

 ▼お好きな柄でオーダー可能な浴衣受注会も開催です!
 https://www.rourou.com/products/detail.php?product_id=4655

 ▼ROUROUの雨の日グッズ紹介
 https://www.rourou.com/products/detail.php?product_id=4476

 他にも色々ありますので、気になる方はぜひHPをご覧下さい!!

 
HP:http://www.rourou.com/
ROUROU Facebook:https://www.facebook.com/japan.ROUROU
ROUROU Twitter:@ROUROU_OFFICIAL
ROUROU Instagram:rourou_official 
早園マキTwitter:@ROUROU_maki
早園マキInstagram:rourou.maki

文/早園真己

横濱スカーフのシルクスクリーン製版型を作る家庭で育つ。日本ファッション学院卒業後、職人として家業を手伝いながら、モデルとしてコレクションや雑誌、TVCFなどで活躍する。パリコレ出演を機に、自分のなかに眠るアジア人としてのアイデンティティや誇りを実感。日本から発信する“ネオアジア”をコンセプトに、2000年横浜中華街に自身のブランド「ROUROU」をオープン。現在は自社製品のデザインの他、ホテルや企業の制服、舞台衣装などのデザインも手掛ける。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう