週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

自腹購入のVAIO Zが着弾、携帯性と頑丈性に優れたフルカーボン、うっかり見逃した従来機種との違いも

2021年05月06日 09時00分更新

それでは開封の儀に進みましょう

 4月某日「VAIO Z| SIGNATURE EDITION」が届き、さっそく開封した。新しい製品を購入したときの開封作業は、いつでもワクワクするものだ。箱はVAIOのコーポレートカラーである“勝色”に近い色だ。VAIO株式会社の発足5周年を記念したモデルでは、天板を勝色に染色した特別仕様のモデルが販売されたが、今回は流石にそこまではせず、シンプルにカーボンボディーだということを主張する程度に留められている。これはこれで十分だろう。

箱は勝色に近い藍色。高い製品だけに化粧箱は大切だよね

 同梱されていた冊子類の中に「初回起動時に発生する現象について」と書かれたものも入っていたが、どうもWindows 10マシンの一部で発生している現象のようで、VAIO Zでは特に問題なく初期設定は完了した。

冊子類が意外と付いていた。このほかにはACアダプターがある

「安曇野Finish」のカードは、シリアル番号なども記載されるように

 初期設定を進めていく。筆者のVAIOは、これまで指紋認証ができたが、顔認証は初めて。指紋と顔の両方で認証できるのは、コロナ禍のいまは非常に有効だ。マスクをしていなければ、顔認証だけですぐにサインインできる。逆にマスクをしているときは、指紋認証に切り替えてログオンすればいい。指紋認証は電源ボタンに内蔵されており、電源を入れてOSにサインインする際に、再び指紋を読み取る作業が不要となっている。ここは非常に便利になった部分だ。

指紋認証が電源ボタンに内蔵されたことにより、電源ボタンを押すだけで、起動~サインインまで一気に進むようになった

 また、初期設定ではオフだが、人感センサーにより、マシンの前にいるかいないかを判別し、離席時にはロックをかけ、また戻ってきたらスタンバイから復帰できる設定にもできる。オフィスでも外出先でも、セキュリティに配慮して仕事を進めるには便利な機能だ。設定変更はプリインストールされている「VAIOの設定」でできる。電源プランの管理などもできるおなじみのアプリケーションに統合されていて、迷わずに済むのがいい。

起動時に設定を促すダイアログが表示される

VAIOの設定では、人感センサーによる動作を設定できる(初期設定では全てオフ)

それではカーボンの質感は?

 新VAIO Zの売りは「四面カーボンボディー」だ。アルミなどの金属に比べて質感はどうなんだろうと思ったが、軽いのに結構剛性があり、感触は金属とは違い少し温かみが感じられる(熱で温かいというわけではない)。マットな塗装によって、パームレストや天板に指紋がつきにくい点も非常にいい感じだ。また、VAIOが「カーボンならではのデザイン」と言うように、金属ではなかなか表現しないようなカーブや面があるので、ほかのノートパソコンにはないユニークさがあるのも所有感を掻き立てる。

カーボンの繊維がうっすら見えるシグネチャーブラック。1台1台繊維の状態は違うので個性が生まれる

ロゴは意外と小さめで主張もそんなにしていない

特徴的なデザインとなったオーナメント部分。強度を高めるための設計でもある

液晶を開く軸部分の膨らみや側面の曲線が美しい

14インチと大画面だが持ち運びは苦にならない

 これまでの「VAIO S11|RED EDITION」に比べるとかなりデカく感じるが、所有しているカバンに入るサイズだったのでよかった。実は、筆者はこれまでVAIOは11インチモデルをずっと買い続けてきていたため、14インチというサイズは、ものすごく大きく感じてしまった。キーボードも11インチに収まるキーピッチに慣れてしまっていて、変な話、かえって打ちにくく感じたくらいだ。

初めて14インチのノートPCを所有。VAIO S11|RED EDITIONに比べると2周りぐらい大きい

 もちろん、自作のデスクトップマシンをメインで使っているから、キーピッチで言えば同等になるわけで、同じ感覚で打てるはずなのだが、モバイルPCのときは脳内修正が働くようで、切り替えるのに少々時間がかかってしまった。ただ、キーボードの仕様も一新しており、キーストロークもキートップのカーブもより深くなっていて、打鍵感は触っただけで違いがわかるレベル。もともと、VAIOシリーズはタイピングのしやすさに定評はあったが、さらに洗練されていた。

キーボードは日本語配列の隠し刻印。ちなみに筆者は「かな入力」なのでかなが印字されているのがベストだが、普段使っているキーボードもかなが印字されていないので無問題

隠し刻印は、バックライトによって文字が浮かび上がるようになった

 インターフェースは、両サイドにUSB4(Thunderbolt 4)端子を備えているところがいい。また、ACアダプターもUSB Type-C端子になったので、どちらに差してもよい。給電可能なUSB-C端子を備えたディスプレーを利用すれば、ACアダプター不要で充電しつつ、映像も映せるようになり、使い勝手が飛躍的にアップしている。ACアダプターも小さいので、持ち運びにも便利。まさにモバイルするためのマシンだ。

右側にもUSB-C端子があり、電源をつなげて使用できるのがいい

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう