週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3万4800円のシャオミ製SIMフリースマホ「Redmi Note 10 Pro」はカメラ&エンタメ性能がとにかく充実

2021年05月04日 12時00分更新

 本稿でレビューするのは、シャオミのSIMフリースマホ「Redmi Note 10 Pro」。3月に発表されたRedmi Note 10シリーズのうちの最上位モデルであり(ほか3機種は日本未発売)、1億800万画素のレンズを含む4眼カメラ、リフレッシュレート120Hz駆動の有機ELディスプレーなどが特徴です。

 日本国内では4月16日よりMVNO各社や家電量販店などで発売されています。価格は3万4800円(税込)。カラーは「グレイシャーブルー」「グラディエントブロンズ」「オニキスグレー」の3種となっています。

 今回はRedmi Note 10 Proを1週間ほど使う機会を得たので、その使い勝手をレポートします。

落ち着きのあるハイエンド風デザインが魅力

 まずは本体から。縦約164mm、横幅が約76.5mmと縦横ともにがっしりしています。ただし、同程度のサイズのスマホと比べて、厚さが約8.1mmと抑えられているのがポイント。手になじみやすく、片手での操作はそこまで辛くありません。背面はマットな質感。ギラギラと輝くのではなく、落ち着きのあるカラーリングがハイエンドモデルの雰囲気を醸し出しています。

サイズは約76.5×164×8.1mm。重量は約193g

背面は高級感を感じさせるデザイン

本体上部にはイヤホンジャックを搭載。また、nanoSIMのカードスロットを2基、micoroSDカードスロットを1基搭載し、DSDS/DSDVに対応します。

本体上部に3.5mmイヤホンジャック

下部にUSB Type-Cポート

右側に電源ボタンと音量ボタン

左側上部にSIMカードスロット

 ディスプレーは約6.67型の有機EL。解像度はフルHD+(2400×1080ドット)。リフレッシュレートが120Hz、タッチサンプリングレートが240Hzと高速駆動が最大の特徴です。実際に「Call of Duty: Mobile」をグラフィック品質とフレームレートを「最高」にしてプレイしましたが、表示は滑らかでタッチ操作への反応も迅速。本体は多少熱くなりますが、ゲームプレイ自体は快適です。

ゲームを快適にプレイするための設定もある

 パンチホール式のインカメラはかなり小さいため気になりません。スピーカーは上下(横向き時は左右)に付いており、音の左右差も感じませんでした。

映像への没入感は高い

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう