週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ULTRA PLUSのヘッドホンスタンド「UP-HSSD」を使ってみた

ヘッドホンやヘッドセットを仮想7.1ch化する謎のスタンドが便利!

2021年04月26日 11時00分更新

ヘッドホンスタンドとサラウンド環境が合体した!?

便利そうだがイマイチ食指が伸びないガジェット

 巣ごもり生活が続く昨今、「ヘッドホンやヘッドセットが生活に欠かせないものになった」という人は多いだろう。在宅勤務においてはオンライン会議時の「仕事道具」、オフではゲームを有利に進める「強力アイテム」として手放せないガジェットだ。

 こうしたヘッドホンやヘッドセットを日常的に利用している人たちにとって、一度は購入を考えたことがあるガジェットといえば「ヘッドホンスタンド」ではないだろうか。「外したヘッドホンをどこに置いておくか問題」は誰にとっても悩ましい。

 とは言っても、導入にあたっては「ただのスタンドが本当に必要か?」と思ってしまいがちであるし、「机の端にフックでも付けときゃいいんじゃね?」という安易な妥協案も邪魔をしてくる。つまりヘッドホンスタンドは、限りある机上スペースにわざわざ存在させておく価値が低いと判断されがちなのである。

 しかし今回は、そんなヘッドホンスタンドの存在価値を半ばムリヤリに“爆上げ”させた製品を紹介しようと思うのだ。それこそが、ヘッドホンスタンドにまさかのバーチャル7.1chサラウンド機能を搭載してしまった、オーディオアダプター機能付ヘッドセットスタンド「UP-HSSD」だ。

ULTRA PLUS「UP-HSSD」

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう