週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

新型タフネススマホ「TORQUE 5G」を使って沖縄の海から生放送をやってみた!

2021年04月01日 12時00分更新

5Gはエリア外もYouTubeの生配信もできた

 シュノーケリングをしながら、TORQUE 5GでYouTubeの生配信にもチャレンジしてみました。海の上で泳ぎながら文字を入力するのは結構大変だったものの、設定さえしてしまえば撮影するだけなので、こちらも問題なく配信できていました。

シュノーケリングをしながらYouTubeアプリからの生配信もできた

 水は電波を通しにくい性質なので、海中へ完全に入れてしまうと電波をキャッチできなくなりますが、カメラ部分だけをギリギリ海中にいれての水中撮影ならOK。水中を泳ぐ魚やインストラクター、ダイバーなどをしっかりと捉えられました。

水中にカメラを向けると画質は落ちているものの、動画としてはちゃんと撮れている

海で泳ぎながらスマートフォンが使えるのが、こんなに楽しいとは!(※)

 さすがに5Gエリアではなく、4G(LTE)での配信ですが、それでも海を泳ぎながらスマートフォン1台で生配信ができるのは、すごい時代になったというか、「TORQUE 5G」は、すごい楽しい端末。アウトドアでのアクティビティーをさらにおもしろくしてくれるスマートフォンですね。

アウトドア好きなら絶対おさえておきたいガジェットだ

au「TORQUE 5G KYG01」の主なスペック
メーカー 京セラ
ディスプレー 5.5型液晶(20:9)
画面解像度 1080×2160
サイズ 約75×167×14.8mm(最厚部20.3mm)
重量 約248g
CPU Snapdragon 765
2.3GHz+2.2GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大1TB)
OS Android 11
5G最大通信速度 下り2.1Gbps/上り183Mbps
5G対応周波数 サブ6
無線LAN IEEE802.11ac
カメラ アウト:約2400万画素(標準)
+約1600万画素(超広角)
/イン:約800万画素
バッテリー容量 4000mAh(交換可能)
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ○/○(IPX5,8/IP6X)
生体認証 ○(顔、指紋)
USB端子 Type-C
連続通話時間 約1720分
連続待受時間 約350時間
カラバリ イエロー、レッド、ブラック
 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう