週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

WQHDゲーミング向けGPU「Radeon RX 6700 XT」の実力を試す【前編】

2021年03月17日 22時00分更新

圧倒的にRadeonが強かった「Assassin's Creed Valhara」

 最後に重量級ゲームの代表「Assassin's Creed Valhara」で試してみよう。画質は“最高”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用してフレームレートを計測する。

「Assassin's Creed Valhara」1920×1080ドット時のフレームレート

「Assassin's Creed Valhara」2560×1440ドット時のフレームレート

「Assassin's Creed Valhara」3840×2160ドット時のフレームレート

 まず驚くのはここまでずっと最下位を独占していたRX 5700 XTとRTX 3070のフレームレートがほぼ同レベルという点だろう。元々AMD肝いりのゲームだけあってRadeonに帯する最適化がかなり進んでいると考えられるが、Ampere世代のRTX 3070 FEが型落ちのRX 5700 XTに並ばれるとは意外だった(ただ解像度が上がるとRTX 3070 FEが力を持ち始めるが……)。

 そしてRX 6700 XTはRTX 3070 FEよりも最大45%上のフレームレートを出せている。元々このゲームはResizable BARの恩恵が強く得られるゲームであるのに加え、原稿執筆時点ではRTX 3070のResizable BAR対応vBIOSは未配布。Radeon最適化とResizable BAR対応でここまで差が付いたのは驚きだ。ただし解像度が高くなるとじりじりとRTX 3070に詰め寄られてしまい、4Kではほぼ追い付かれてしまう。メモリーバス幅192bitの辛いところだろう。

   RTX 3060のレビュー時では、メモリーバス幅192bit幅のGeForce RTX 3060では、Resizable BARがあまり効果を上げなかったので、その検証もここでしておきたい。RTX 3060でResizable BARの効果があまり得られない原因として考えられたのが、メモリーバス幅192bitの狭さだ。つまりRX 6700 XTでResizable BARの効果をチェックすれば、RDNA 2が優秀だから効果が出たのか、192bit幅から出ないのかがハッキリする。

 そこでResizable BARの効果が得られたAssassin's Creed Valharaで、Resizable BAR無効時のデータと比較してみたい。解像度はフルHDのみで行なう。

Resizable BAR有効・無効時における「Assassin's Creed Valhara」のフレームレートの違い

 RX 6700 XT環境では上のようにResizable BARを無効にしただけで約15%平均fpsが下がった。つまりメモリーバス幅192bit幅でもResizable BARは意味があることが確認できた。同時にRTX 3060でResizable BARの効果が見られないのは、GPUアーキテクチャーとゲームの組み合わせが悪い、もしくはInfinity Cacheのような仕組みがない、等の理由が考えられる。今後既存のGeForce側にもResizable BARが実装された時にどうなるかが楽しみだ。

評価は値段と入手性次第か

 駆け足だったが、RX 6700 XTレビュー前編はこれまでとしたい。後編ではもっと数多くのゲームでRX 6700 XTの性能や挙動を明らかにしていきたいところだ。

 だが今回のパフォーマンスを見る限りRTX 3070とかなり良いどころか、むしろ押しているという印象が得られた。メモリーバス幅192bitという狭さがネックだが、RTX 3070と同等、ゲームによっては圧倒することができる。

 もちろんDXR(DirectX Raytracing)を使ったゲームではRTX 3070に軍配が上がることは容易に想像できるが、DXRを使わないゲームの数が圧倒的なことを考えれば、従来型レンダリングを使ったゲームをプレイするのに格好のGPUといえるだろう。

 ただし、問題は価格だ。ライバルであるRTX 30シリーズは買いたくても簡単に買えない状態であるため、ここに十分な流通量を確保できれば覇権をとるのは確実だ。だが同じ7nmプロセスを使うRyzenの供給すらままならない現状を考えれば、RX 6700 XTの流通量にも期待はできない。欲しいなら初期ロットの確保に全力を傾けるようにしたい。

 ちなみに、RTX 3060で話題を呼んだマイニング制限だが、AMDとしてはそのような制約を設ける予定はないとプレス向けブリーフィングで語っていた。今回も仮想通貨マイナーとの激しい争奪戦になるだろう。この点においてもAMDには製品供給を頑張っていただきたいものだ。

●関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう