週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

マッピングデータはすでに10億kmぶん完成

Mobileyeが新しいLiDAR SoCを2025年から生産開始すると発表

2021年01月12日 05時00分更新

Mobileyeの新しいLiDAR SoC

 2021年1月12日、Intelの子会社MobileyeはCES 2021の記者説明会にて、自動運転車(AV=Autonomous Vehicle)で同社の技術を利用できる新しいLiDAR SoC(system-on-chip)を2025年から生産開始することを発表した。また、同社は既存の技術を使用する自動車が毎日800万km以上のマッピングデータをクラウドに収集し、現在までに世界で10億km近くのデータが完成していることも明らかにした。

インテルコーポレーション 上級副社長 兼 モービルアイ 社長 兼 CEO(最高経営責任者)アムノン・シャシュア氏

 説明会はインテルコーポレーション 上級副社長 兼 モービルアイ 社長 兼 CEO(最高経営責任者)アムノン・シャシュア氏が、Autonocastの著者でコラムニストのエドワード・ニデルメイエール氏と対話する形式で行なわれ、自動運転の実現にまつわる率直な意見が交わされた。シャシュア氏は完全な自動運転の実現には、人間のドライバーよりも桁違いに能力の高いセンシングソリューションが必要だと主張し、同社のLiDAR SoCとクラウドソーシングマッピングテクノロジーの重要性を説いた。

 新しいLiDAR SoCはフォトニック集積回路(Photonic Integrated Circuit=PIC)と呼ばれるもので、ニューメキシコにあるIntel独自のシリコンフォトニクス製造ファブで生産される予定だ。

 なお、クラウドソーシングマッピングテクノロジーに使用する自動地図作成プロセスは、すでに同社の先進運転支援技術(ADAS)を利用している約100万台の車両で使用されているという。

デトロイトで行なわれた自動運転試験の様子

同テストで使用したAV

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう