週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

山根博士のグロスマレビュー

重戦車級の5Gラグドスマホ「OUKITEL WP10」がタフすぎる!

2021年01月12日 12時00分更新

スマホ界の重戦車!
OUKITELの5Gスマホ「WP10」レビュー

 アクティブ系端末を得意とするOUKITELから5Gスマートフォン「WP10」が登場した。巨大なバッテリーを搭載し、アウトドアや現場でも安心して使えるタフなスマートフォンだ。

5Gに対応したタフネススマホ「OUKITEL WP10」

 OUKITELはオンライン販売を主体とする海外のスマートフォンメーカー。防水防塵や耐衝撃に対応したスマートフォンを多数展開している。2020年12月に発売になった「WP10」は同社初の5Gスマートフォンだ。しかも重量は300gを越える「重戦車」とも呼べる強固なボディーを搭載している。タフネス関連の仕様はIP68の防水防塵、IP69Kの耐高温・耐高水圧、MIL-STD-810Gにも対応。過酷な環境にも耐えうるボディー構造となっている。

あらゆるタフな仕様を搭載したボディー

 スペックはチップセットがMediaTekのDimensity 800、メモリー8GB、ストレージ128GB。ディスプレーは6.67型(2400x1080ドット、20:9)。カメラは4800万画素+1300万画素(超広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(深度測定)、フロントカメラはディスプレー上部中央に埋め込まれたパンチホール型の1600万画素。バッテリーは8000mAhで18Wの急速充電に対応する。

6.67型ディスプレーにDimensity 800を搭載する

 背面にはNFCを内蔵し、モバイルペイメントにも対応。背面カバーには9×2=18個のピンが並んでいる。WP10の製品紹介ページを見ると「Support Multi-Modules」と記載されており、さまざまなアタッチメント式のモジュールが提供される予定のようだ。モジュールの一つとして「Ultra Flashlight Module」が記載されている。

NFCを内蔵、18ピン端子を使ってアタッチメントを装着できる

 本体右側面はボタンが並ぶ部分を金属プレートで保護しており、側面からの衝撃にも耐えられるようになっている。音量調節ボタン、電源ボタン、そして指紋認証用のセンサーが並んでいる。一番下側にはSIMカードスロットを搭載している。

金属プレートで保護された本体右側面

 SIMカードスロットはピンを使わず爪先で抜き差しできるのが便利だ。SIMカードトレイは表裏それぞれにnanoSIMカードを取り付け可能。なおmicroSDカードは利用できない。WP10はストレージ128GBモデルしか用意されていないため、外部拡張はできない点は要注意だ。

SIMカードトレイは爪先で抜き差しできる

 本体左側面にはSOSボタンとPTTボタンを備える。SOSボタンは登録した電話番号へワンタッチで発信することができる。PTTはPush-to-Talkでトランシーバー的な利用が可能だが、キャリア側のサポートが必要だ。こちらの側面も金属プレートで守られている。

SOSとPTTボタンを備える左側面

 本体下部のUSB Type-C端子はキャップ方式。充電時にキャップを外すのが面倒だが、8000mAhの内蔵バッテリーを持つため、普段使いしている分には充電の頻度は2-3日に1回程度で済む。高水圧がかかる環境でも安心して使えそうだ。Type-C端子と背面下部の18ピン端子の間には太いストラップを取り付けることのできるストラップホールがあるので、しっかりと本体を固定できる。なお本体上部には端子類はない。

Type-C端子はキャップ式

 本体サイズは約83.4×178×17.6mm、重量は380g。2cm近い厚みと、400gに迫る重量はスマートフォンとしては未知の世界だ。片手で持つとずっしりとした重さは迫力も感じられる。コンシューマー向けの製品ではあるが、本格的な登山やアウトドアスポーツなど、プロユースにも十分耐えられる製品だと感じられる。またバイクや自転車に取り付けてナビ用に使うのもよさそうだ。

 今回レビューをしながらWP10を何度か自宅の床に落としてしまったが、破損することなくそのまま利用できている。なお、ディスプレー表面はゴリラガラス(バージョン非公開)でおおわれている。

一般的なスマホの2倍近い重量がある

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう