週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

GRスープラ SZはベーシックモデルでも走りの楽しさが十分味わえる完成度

2021年01月03日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●美環(@puritendon) 編集●ASCII

 ワールドプレミアから、まもなく2年。令和最初の新型車として登場した5代目DB型、通称「GRスープラ」は、モータースポーツの分野で大きな足跡を残し、その活躍はこれからも続くことでしょう。そこで発売から1年以上経ったGRスープラを今一度チェック、その魅力を再確認してみたいと思います。

GRスープラSZ(490万円税込)

 今回試乗したのは3種類用意されたグレードのうち、もっとも低価格な(と言っても490万円税込もするのだが)SZをチョイス。「スープラといったら、3リットル直6ターボエンジンのRZグレードでしょ!」と言われそうですが、3リットル直6エンジンは確かに魅力ではあるものの、お値段が690万円と高額。また編集のスピーディー末岡から「前に兄弟車のBMW Z4の直6に乗ったから、次は直4にしようぜ!」という指示もあり、今回は直4タイプをご紹介することになりました。

直4モデルと侮るなかれ!
スープラを冠している以上、走りに妥協なし!

GRスープラSZに搭載する2リットル直4ターボエンジン

 直4タイプのGRスープラは、SZとSZ-Rという2種類のグレードが用意されています。SZとSZ-Rの大きな違いは馬力と装備。SZは197psであるのに対し、SZ-Rは258ps。またSZのホイールサイズが17インチであるのに対し、SZ-Rは18インチ。ちなみにRZは19インチです。またSZ-RとRZにはAVS(アクティブ・バリアブル・サスペンション)と呼ばれる可変ダンパーを採用。さらにアクティブディファレンシャルを装備しています。アクティブディファレンシャルとは、BMWのMモデルに搭載されているものと同じもの。コーナー進入時と脱出時において、それぞれ最適なロック率を制御するというもの。可変ダンパーと合わせて走りの違いが生まれることは想像に難しくありません。そのほか、オーディオやシート表皮、センターコンソールの素材などが異なります。

筆者が過去経験したことのあるTRDエアロ搭載のGRスープラRZ

TRDのカーボンパーツで武装されたGRスープラ

BMW Z4(直6ターボエンジン搭載モデル)

 筆者のGRスープラ体験は、前出のBMW Z4(直6エンジン搭載モデル)のほか、TRDエアロやカスタムパーツを装着したGRスープラRZの2車種。早速運転してみると、これらと大きく異なる別の乗り物といえそうです。まず違うのは、エンジンのフィーリング。当然といえば当然ですが、直列6気筒はまさにシルキーなフィーリングでサウンドも上々。とはいえ、直列4気筒は荒々しさがあり、それはそれでヨシ! 340馬力の直6エンジンに対して200馬力弱はひ弱か、というとそんなことはなく、一般道では十分すぎるパワーがあります。高速道路の追い越しなどで「もっとパワーがあれば」と感じることはありません。これが同じ200馬力の86/BRZの場合、加速する際にシフトダウンを行なったりAT車ならキックダウンが発生するのですが、スーッと加速していくあたり、ターボとNAの違いを感じるところ。

GRスープラ(SZグレード)

 ワインディングにステージを移すと、エンジンの軽さから回頭性の良さに心が奪われます。スッとノーズが入って、リアが地面を蹴り飛ばしているというフィールを安定感も伴って感じます。GRスープラのRZは、SZに比べてテールハッピーというか「積極的にリアを振り回せ」とクルマがいわんばかり。それはそれで楽しいものの、SZの方が誰もが気持ちよく走れる気がします。乗り心地は、やや硬めなのですが、不思議なことに可変ダンパー搭載の上級モデルよりスポーツカーらしさを感じさせるもの。

SZグレードが履くコンチネンタル製ランフラットタイヤ

 やや硬質で細かな凹凸を拾うのは、おそらくコンチネンタル製ランフラットタイヤによるもの。タイヤをハイグリップなスポーツタイヤに変えれば、しなやかな乗り心地と、より一層のスポーツドライビングが楽しめることでしょう。ちなみにBMW Z4になるとルーフ収納メカの関係で、GRスープラに比べると穏やか。重戦車のようなドッシリとした安定感を覚えます。こちらはグランツーリング向きで、スポーツカーとは異なる味付けのように感じます。

GRスープラSZグレードのマフラーエンド。左右2本出しだ

 お楽しみの「SPORTモード」切り替えると排気音のボリュームが高まり、変速も俄然ダイレクトに。トルク特性がフラットなためか、どこからでも踏んでいける気持ちになれます! GRスープラのRZグレードも魅力ですが、こちらをベースに機械式LSDや自分好みの足などに変えていくのもアリな気がします。

 街中では思ったより取り回しがよいことに驚き。というのも車高の低さゆえ、ガソリンスタンドなどで底を擦るのでは? といった取り回しの悪さが気になりそうですが、フロントバンパーがやや上を向いているため、意外と平気。

 総じて「GRスープラのSZはターボ付き86」といった印象。抜群にシャープなハンドリングに十分なパワー。何よりGRスープラという車種の魅力。乗り心地も硬質ながらもイイ。これなら女性を横に乗せても、ということで美環さんに乗ってもらいました。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう