週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

スイフトスポーツ乗りがタミヤのラジコン版スイスポを試してみた

2020年11月28日 15時00分更新

ラジコンで安全にスイスポを楽しむ!

 スイフトスポーツは「イエローバレット」と称されるほどのパフォーマンスを備えたスポーツカーです。はっきり言って、公道でそのポテンシャルのすべてを解き放つことはできません。捕まります。と言うわけで、今回購入したのが、タミヤの1/10スケールラジコンカー「XBシリーズ(完成モデル) No.220 1/10RC XB スズキ スイフトスポーツ(M-05シャーシ)」です!

タミヤ「XBシリーズ(完成モデル) No.220 1/10RC XB スズキ スイフトスポーツ(M-05シャーシ)」2万7280円

 本製品は「EXPERT BUILT」と謳われている完成モデル。プロポ、バッテリー、充電器も同梱されているので、単3電池4本を購入すればすぐに走り始められます。完成品のラジコンは、いまどきたくさん発売されています。しかし、本製品はタミヤの前輪駆動シャーシ「M-05」が採用されており、軽量・スリムな樹脂製セミモノコックフレームに、ギヤボックス、モーター、走行用バッテリー、受信機、サーボ、ESC(Electric Speed Controller)を搭載。重量配分を最適化し、低重心化も実現しているとのことなので、実車同様に走りも期待できるのです。

本体以外に、バッテリー、充電器、プロポ、説明書、工具(十字レンチ、六角棒レンチ)、パーツが同梱されています

実車のフォルムを忠実に再現。ライトケースは別パーツになっていてリアル度がアップしていますね

 今回は完成品を購入しましたが、M-05シャーシは組み立てやすさにも定評があります。タミヤの公式ページでは、M-05シャーシ対応の膨大なチューニングパーツを「基本性能を高めるパーツ」「足回りを強化するパーツ」「駆動関係のパーツ」「タイヤ&ホイール」などなど種類別に検索可能。購入してから自分好みにマシンに仕立て上げる楽しみもあるのです。

これがM-05シャーシ。左からギヤボックス、モーター、走行用バッテリー、受信機、サーボ、ESCが搭載されています

今回完成品を購入したのはプロが作ったノーマルの操縦性を味わうため。しばらく遊んだら、まずはタイヤとサスペンションからチューンナップしたいですね

 前編はキット内容の紹介で終了。後編では実際にラジコンサーキットで走らせて、走行フィーリングなどをレビューしますね!

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう