週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

カメラ性能で差をつけやがって、iPhone 12 Pro Max買うぞ【荻窪 圭】

2020年10月14日 15時15分更新

まさかのカメラに差をつけてきた
iPhone 12 Pro Max

 いやもうなんというか、AppleEventを見終えた途端、カメラの性能アップが予想以上にすげー、でもああ困ったさて困ったやれ困ったと頭を抱えた荻窪 圭です。いやはや。

 だって、iPhone XSやiPhone 11の時ってカメラ性能がMaxと同じだったじゃない。「カメラレビュアー」をほぼ本業としている身としては、カメラ性能が一番高いiPhoneがいい、でもMaxはデカすぎ、というわけでMaxじゃない方を買っていたのだ。

iPhone 12 Pro Maxのカメラヤバい

 でも今回、iPhone 12 Proのカメラ性能がワンランク上がった、と喜ぶのも束の間、iPhone 12 Pro Maxはさらにワンランク上に行っちゃったのだ。なんてこった。

 iPhone 12 Pro Maxのメインカメラ(広角カメラ)はiPhone 12 Proに比べてセンサーサイズがデカく、手ぶれ補正も新しくなったのである。ってことはより暗所に強いのだ。さらに望遠カメラが52mm相当から65mm相当に上がった。猫撮りとしてはそこめちゃ大事。

 より幅広いシチュエーションで使えるようになった上に、A14 Bionicチップのおかげでコンピュテーショナルフォトグラフィーも進化したわけで、詳細は実際に撮ってみないとわからないけど、多分カメラの実用度はすごく上がってるし、しかものちにApple ProRAWがサポートされて後から自分で絵作りできるっぽいからカメラ的にめちゃヤバいのである。

 iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでカメラ性能が違うのに価格差は従来通りってことは、こりゃiPhone 12 Pro Max一択じゃないか。

 カメラの話しかしてないけど、ご容赦を。仕事柄、カメラの細かな性能差が重要なのです。残念なのは、iPhone 12 Pro Maxの発売が3週間あとになることと(待てるのか)、ボトムズカラーが無くなったこと。そのくらいかも。

筆者紹介─荻窪圭

 老舗のIT系ライター。今は主にデジカメやスマホカメラ担当。ascii.jpで「這いつくばって猫に近づけ」長期連載中。なぜか街歩きのガイドや歴史散歩の本も書いてます。

著者近影 荻窪圭

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう