週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「Xperia 1 II」はカメラの使い勝手が大幅にアップしたカメラスマホだ!

2020年06月18日 10時00分更新

カメラスペックは微妙に向上
インターフェースは使い勝手が良くなった

 カメラは本体背面のメインが超広角と広角、望遠のトリプルレンズ仕様というのは前モデルと同じ。ただしカメラのスペックには若干変更があり、超広角は約1200万画素/16mm/F2.2(前モデルはF2.4)で、望遠は約1200万画素/70mm/F2.4(前モデルは52mm)、広角は約1200万画素/24mm/F1.7(前モデルは26m/F1.6)となっている。

メインの3つのカメラはZEISSレンズとなっている

 特に注目したいのがメインの広角。センサーサイズが1/1.7と大型化しており、暗所での撮影などに強くなっている。ただし、960fpsで撮影できるスーパースローモーションや先読み撮影など、前モデルで利用できた機能は一部使えない。

 カメラのユーザーインターフェースも変更があり、「標準」「超広角」「望遠」とワンタッチで切り替えられるボタンが用意されている。ただし、デジタルズームに関してはそれぞれの画角で3倍までとなっており、3つのレンズをシームレスに使ったズームには対応していない。

 下記は標準のカメラアプリで撮影した作例。基本的にはオートで撮影している。Xperia 1 IIにはソニーのレンズ交換式カメラ「α」のような使い勝手を実現した専用のカメラアプリ「Photography Pro」(フォトグラフィー プロ)も搭載されているが、そちらは別記事の作例を参考にしてほしい。(よりカメラらしさにこだわった「Xperia 1 II」のPhotography Proモード

24mmの広角で撮影。影の部分も明暗がしっかり描写されている

70mmの望遠で撮影

16mmの超広角で撮影

24mmの広角で撮影。夜空の雲も潰れずに写っている

70mmの望遠で撮影。手持ちということもあり、手ぶれが気になる

16mmの超広角で撮影。広角と比べると全体的に暗く、潰れているところもある

24mmの広角でマクロ撮影

インカメラは画角も広く十分な画質

 印象としては標準レンズでの撮影で精細感があがっており、夜景など暗所での撮影もかなり向上している。このあたりはセンサーサイズが大きくなっている効果が出ているようだ。

 ちなみに前モデルでは電動ジンバルを装着すると、超広角レンズ使用時にアームが映り込んでしまう問題があったが、Xperia 1 IIではカメラの配置が変わったことで映り込みにくくなっている。実際、筆者の持っている電動ジンバルで試したところ問題なかったので、Xperia 1 IIを動画撮影用にと期待しているユーザーは安心しよう。

ジンバルなど装着時にボタンに干渉しにくくなっている

超広角レンズでも電動ジンバルのアームの映り込みはない

ただし超広角レンズが外側にあり指などが映り込みやすいため、通知をチェックしてミスショットをなくす工夫もなされている

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう