週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

青春とRPGを組み合わせたゲームシステム、シナリオ、自由度の高さが魅力

PC版「ペルソナ 4 ザ・ゴールデン」で青春ドラマとJRPGの醍醐味を味わってみませんか?

2020年06月20日 13時00分更新

あの青春RPGの名作「ペルソナ 4」がPC版として復活!

 あの青春RPGの名作が、PC版として復活を遂げた。そのタイトルの名は、アトラスが手がけた「ペルソナ 4」。2008年にPlayStation 2向けに発売された「ペルソナ」シリーズの第4弾で、青春とRPGを組み合わせたゲームシステム、自由度の高さ、怪異と青春を組み合わせたシナリオなどが特徴となっている。そのほか、豪華声優陣とアニメーション、個性豊かなキャラクターも魅力的なポイントだ。

 6月14日にSteamで配信された本作は、PlayStation Vita版としてリリースされた「ペルソナ 4 ザ・ゴールデン」を移植したもの。新規イベントをはじめ、アニメーション、キャラクター、スキルなどを追加した完全版である。

 PC版ではフルHD(1920×1080ドット)で青春ドラマをパソコンで体験できるようになったほか、可変フレームレート、Steamアチーブメント、トレーティングカード機能も実装。また、デジタルサウンドトラックとデジタルアートブックを付属した「デジタルデラックス版」も同時発売されている。

 本記事では、ペルソナ 4に秘められた魅力を掘り下げていきたい。

JRPGの面白さを再確認できるゲーム性

本作の舞台である田舎町「八十稲羽市」で頻発する不可解な殺人事件。主人公ら「自称特別捜査隊」は「ペルソナ」の力と「絆」を駆使して真相を探っていく

雨の日の深夜0時にだけ放送される謎の番組「マヨナカテレビ」。このテレビに映った人間は死ぬという事実が一連の事件と関係しているようだが…?

テレビの中の異世界を探索し、事件の謎を解き明かす

 ペルソナ 4では、謎の殺人事件が相次いで発生する田舎町「八十稲羽市」を舞台に、主人公ら「自称特別捜査隊」が「ペルソナ」の力と「絆」を駆使して謎を解き明かすといったストーリーが展開される。現実世界で起きた事件と都市伝説「マヨナカテレビ」の謎を調査しながら、テレビの中の異世界を徘徊する「シャドウ」と戦うことになる。

本作では、JRPGを象徴するコマンドバトル形式を採用

 本作は、JRPGを象徴するコマンドバトル形式を採用している。「戦う」「防御」「スキル(ペルソナごとに付与された特殊スキル。物理攻撃や属性攻撃、サポートなどを発動可能)」「逃げる」といった従来のコマンドを用いて敵と戦っていく。戦闘自体はシンプルでわかりやすく、RPGが初めての人でも馴染めるはずだ。

敵味方どちらも「弱点」がある。敵の弱点を突く攻撃をヒットさせるとダウンさせることが可能。これはチャンス!

ダウンした敵に対して「総攻撃」を繰り出せる。パーティーメンバー総動員で敵をフルボッコできるのだ

 特筆すべき点は、敵味方どちらも「弱点」があることと、ダウンした敵に対して「総攻撃」を繰り出せることだろう。初めて遭遇した敵に対してあらゆる攻撃を与え、見事弱点にヒットするとダウン状態になる。弱点がヒットするだけでなく、クリティカルヒットでも敵をダウンさせられる。敵がダウンしたら仲間とともに総攻撃を発動すれば、敵に大ダメージを与えられる。敵の弱点を分析し、それに適した戦略プランとメンバーを構成して戦闘を演出するという面白さがある。

敵の特性をしっかり分析することは必要不可欠といっていいだろう。下手するとパーティーが全滅する恐れがあるからだ。弱点やスキルを把握し、確実な勝利を掴み取ろう

 敵の弱点を狙って総攻撃を仕掛ければ有利に持ち込める反面、主人公を含む味方自身にも弱点がある。そのため、必ずしもパーティー側が有利とは限らない。そのうえ、敵を倒したところに援軍がやってきたり、思いもよらぬ状況で強敵に遭遇することもある。メリット・デメリットがそれぞれ用意されているため、シンプルながらも手に汗握る戦闘が楽しめるのだ。

戦闘中、主人公だけ複数のペルソナを切り替えられる。敵の特性に応じて適宜入れ替えをすることも大事

ある条件を達成すると、戦闘終了後にカードをゲットできるイベント「シャッフルカード」が発生する。新たなペルソナを獲得したければ積極的に利用するといいだろう

「ベルベットルーム」で獲得したペルソナのカードを合成することができる。より強力なペルソナを生成すれば、戦闘がかなり有利になるはずだ

 また、戦況に応じてペルソナを切り替えることも戦略のひとつだ。最初に主人公だけ利用できるペルソナは「イザナギ」だが、戦闘の報酬として新たなペルソナをゲットできるようになる。「ベルベットルーム」で獲得したペルソナのカード同士を合成すれば、より強力なペルソナを所有でき、戦闘がかなり有利になるはずだ。

 ペルソナを育成するだけでなく、新たなペルソナをコレクションするという楽しみ方もできそうだ。

戦闘に勝利し、経験値とお金、アイテムをゲットしていく。レベル上げの作業もまたJRPGの醍醐味といえる

パーティーメンバーに加え、相棒となるペルソナのレベルを上げておく必要がある。ステータス向上のほかに新たなスキルの獲得も見込める

 いうまでもなく、本作のジャンルはRPGである。シャドウに対抗するには、プレイヤーおよび相棒となるペルソナのステータスを強化しなければならない。そのためにもレベルを上げる必要があるわけだ。敵と戦って経験値を稼ぎ、コツコツとレベルを上げていくという、JRPGならではの醍醐味が味わえる。

 新旧問わず、レベル上げの作業をするだけで懐かしさを見出すほどだ。このように、JRPGの面白さを再確認できるゲーム性が本作の最大なる魅力といえるだろう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう