週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

IKEAの799円の布でクロマキー合成、ZoomやYouTubeライブがもっと楽しく!

2020年05月21日 10時00分更新

800円の布でクロマキー配信ができる

 ビデオ配信に便利なクロマキー合成。しかし背景となる布や紙を用意するのが面倒なもの。ところがIKEAで800円で買えるひざ掛け毛布で手軽にクロマキー合成ができるのです。

 自宅で過ごす時間が多い昨今ですが、会社とのビデオ会議や友人たちとのZoom飲み会、あるいはこの機会にライブ配信を始めてみたという人も多いのではないでしょうか? しかし自宅からカメラを使った中継をすると、部屋の様子が写ってしまうという難点があります。そこで、たとえばZoomは背景を好きな画像に入れ替えできるバーチャル背景機能があり、好きな背景を相手に見せることができます。

 ところがZoomのこの機能は人物だけを切り抜くので、手に何かを持って見せようとしても、それも抜かれて相手に見せることができません。そのため相手に何かを見せるためには、自分の身体に重なるようにしなくてはならないのです。これはちょっと不便。

Zoomはバーチャル背景が使えるが、手にモノを持つとそのモノも抜けてしまう

 そこで使いたいのがクロマキー合成。背景を青や緑にすることで、背景を合成して重ねることができるのです。OBSなどの配信アプリが対応していますし、OBSにバーチャルカメラのプラグインを入れれば、Zoomからそれを選ぶことができます。クロマキー合成なら手に持った物もしっかり写しながら背景を合成できます。

クロマキー合成を使えば手に持ったモノもしっかり写る

 ところがクロマキー合成用の背景の布は値段が高く、最近は売り切れていることも多いようです。また大型の紙も売られていますが折り目がつかないように巻き取って保存するのも大変です。ユザワヤなどで緑色の布を買ってきて壁にガムテープで貼り付けるなんて方法が一番手間がかからないかもしれませんが、布を買いに行くというのも慣れないものでしょう。

 そこで今回はIKEAで売っている「ODDHILD オッドヒルド ひざ掛け」のブライトグリーンを背景に使ってみることにしました。どうやらこのひざ掛けは以前から売っているようなのですが、緑色のものは最近出てきたようです。価格は799円(税込)と格安。筆者の住んでいる香港でもほぼ同価格で、お店で一目見たときにこれは使えると思ったのです。

IKEAで販売されている

 サイズは120x170cm。1枚で足りなければもう1枚買ってもいいでしょう。柔軟性のある布で、収納袋もあるので使わない時はまるめて入れてコンパクトな大きさになります。しわもつきにくいのでアイロンがけもいらないかもしれません。少なくとも紙に比べれば保管に気を使わなくていいのがラクです。

収納用の袋にはいって売っている。保管時もコンパクトな大きさになる

 机の背景へはスタンドなどを使って設置する必要がありそうですが、壁に貼り付け配信するとき移動して行う、というのがいいかもしれません。筆者はロフトベッドの下に机があるので、ベッドから垂らして設置しています。

ロフトベッドの下に机のある筆者の家の環境

 さて、布の表面を見ると約5.5cmおきにラインが入っています。そのため影ができるとその部分がクロマキー合成時に出てきてしまうこともあるようです。実際に試してみたので、写真で見てみましょう。

布の表面は格子状にラインが入っている

 ビデオ会議やライブ配信はスマートフォンからもできますが、クロマキー合成をするとなるとPCでOBSなどを使うのがいいでしょう。配信カメラが無い人でも、スマートフォンをWEBカメラにするアプリがいろいろと出ています。筆者はWindows PCで「iVCam」というアプリをよく使います。iVCamはこちらの記事を参照にしてください(スマホをPCのウェブカメラとしてSkypeやZoomでのビデオ会議に使う)。

背景の前に座って準備開始。布はしわがよらないように設置

 今回はPCからOBSでクロマキー合成してみます。なおOBSの使い方はネットに情報があるので各自調べてください。映像入力カメラにクロマキーのフィルターを追加。あとは背景の画像を表示します。

映像カメラにクロマキーのフィルターを追加

 このように簡単に背景を合成できます。自分の映像のサイズを調整して「今日はここでこれを買いました!」なんて配信ができるわけです。画面をよく見ると布の格子の模様が少し見えますが、布を伸ばしてしわのないように張ったほうがいいですね。まあ、お手軽クロマキー合成なのでこの辺りは大目に見てください。

あっけなくクロマキー合成ができた

 こんな簡単にできるならもっと早くやっておけばよかったなんて思いながら、洋服を着替えたところ、今度は緑の背景が抜けないこともありました。どうやら白や明るい色の服ではうまく色が抜けないのです。これはそもそもIKEAのひざ掛けがただの布で、クロマキー合成を考えて作られたものではないので仕方ないことでしょう。

白い服だと背景が抜けてくれない

 また背景を暗い画像にすると、こちらでも格子模様がうっすらと出てしまいます。繰り返しますが専用の布ではないため仕方ないところでしょう。

夜景を背景にすると格子が抜ける。自分を小さくすれば目立たない

 今回は布を垂らした状態だったのですが、壁に貼り付けたり2重にして格子が目立たないようにすれば改善できるかもしれませんね。とはいえたったの800円ですから、お試しに使ってみるのもいいでしょう。使わなければ本来の用途であるブランケットとして使えますから。

いろいろな背景を使ってビデオ会議やライブ配信を楽しめる

 筆者は実際にYouTubeライブとZoomで使ってみましたが、「背景ぬけてないよー」などと突っ込みを受けながら配信するのも面白いものでした。YouTubeの動画として録画するならしっかりした背景布や紙を買ったほうがいいでしょうが、気軽な配信や飲み会の席なら800円の布でも十分かもしれません。一度クロマキー合成をやってみると楽しくて、今後筆者はライブ配信をする機会が増えそうです。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう