週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

2.5GbE LAN、Wi-Fi 6もバッチリ対応

インテルZ490搭載マザー「MSI MPG Z490 GAMING CARBON WIFI」をチェック

2020年05月20日 22時00分更新

文● 林 佑樹@necamax 編集●ハイサイ比嘉

 インテルの最新チップセット「Intel Z490」が登場した。インテルのチップセット更新時には、エントリーからハイエンドまで様々なマザーボードが多くの店頭などに並ぶ。たとえばゲームをたくさん遊ぶ、さらに動画編集や配信もと考えている場合は、予算に合わせハイスペックなマザーボードから検討していくとベターだが、まずは「がっつりゲーム」、「長時間遊ぶことが多い」のなら、アッパーミドルのマザーボードが狙い目だ。そこで今回は、エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)の最新製品「MSI MPG Z490 GAMING CARBON WIFI」を見ていこう。

エムエスアイコンピュータージャパンのATX規格マザーボード「MSI MPG Z490 GAMING CARBON WIFI」。Intel Z490チップセットを搭載。USB 3.2 Gen2x2 Type-C、2.5GbE(有線LAN)、Wi-Fi 6(無線LAN)をサポートしている

パッケージ

 MSI MPG Z490 GAMING CARBON WIFIはATX規格のマザーボードだ。製品名に「CARBON」(カーボン)とあるように、製品随所にMSIならではのカーボン調の装飾デザインが施されており、高品質かつ高信頼性、堅牢といったイメージを打ち出している。

PCI Express(3.0) x16 x3レーン、PCI Express(3.0) x1 x2レーン、M.2ポート×2となっている

底面側。堅牢さを追求したマザーボードが増えているとはいえ、雑に床などに置かないように注意したい

 ゲーミングマザーボードに要求される主な要素は、物理的タフさや回路伝送のタフさ、冷却に関わる性能の高さ、ライトアップ・カスタムが多いかどうかといった点だろう。

 たとえば、長時間のゲームプレイには電気的な安定が必要だ。さらに、OC(オーバークロック)を楽しみたい、OCメモリーも導入したいと考えた場合、マザーボードの伝送面がこれら用途を想定した仕様となっているのかという点が大きく影響してくる。

主なスペック
名称 MPG Z490 GAMING CARBON WIFI
店頭想定価格
(税別)
2万9600円
フォーム
ファクター
ATX
チップセット Intel Z490
対応ソケット LGA1200
DIMMスロット数
(最大搭載容量)
4(最大128GB)、デュアルチャネル
対応DDR4
メモリー
4800(OC)/ 4600(OC)/ 4533(OC)/ 4400(OC)/ 4300(OC)/ 4266(OC)/ 4200(OC)/ 4133(OC)/ 4000(OC)/
3866(OC)/ 3733(OC)/ 3600(OC)/ 3466(OC)/ 3400(OC)/ 3333(OC)/ 3300(OC)/ 3200(OC)/ 3000(OC)/
2933(JEDEC)/ 2666(JEDEC)/ 2400(JEDEC)/ 2133(JEDEC) MHz
M.2ポート 2 (PCIe 3.0 x4)
SATA3
(6Gbps)
ポート数
6
PCI Express本数 PCIe 3.0 x16 ×3、
PCIe 3.0 x1×2
USB 3.2
(前面)
USB 3.2 Gen2 Type-C、
USB 3.2 Gen1 Type A ×2、
USB 3.2
(背面)
USB 3.2 Gen2x2 Type-C、
USB 3.2 Gen2 Type-A ×4
USB 2.0 前面:USB 2.0 ×4、
背面(I/Oパネル):USB 2.0 ×2
PS/2ポート 背面(I/Oパネル)
オンボード
出力端子
DisplayPort(4096×2304 @60Hz)、
HDMI(4096×2160 @30Hz)
Thunderbolt 3 Thunderbolt ピンヘッダー
SLI/
CrossFire対応
2-Way SLI / 3-way CrossFire
2.5GbE
LAN機能
Realtek RTL8125B
Wi-Fi 6
機能
Intel AX201
(11ax、MU-MIMO)
Bluetooth Bluetooth 5.1
オーディオ端子 5+S/PDIF
(Realtek ALC1220)
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう