週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

13インチMacBook ProにMagic Keyboard搭載の新型登場!

2020年05月04日 21時38分更新

 アップルは4日(現地時間)、新型となる13インチMacBook Proを発表した。キーボードがMagic Keyboardになっている。Apple Storeでは注文の受付を開始しており、到着予定日は5月15日以降。

税抜13万4800円の下位モデルもMagic Keyboardに
SSDも256GBなのでこれは買いだ!

 さまざまなウワサがあったMacBook Proの新型だが、従来からの13インチの筐体はほぼそのままに、Magic Keyboardの搭載や第10世代Coreシリーズ、最大3GB/秒の高速SSDなど、基本スペックを強化しての登場となった。なお、Thunderbolt 3が2ポートの下位モデルについては、第8世代Coreシリーズを搭載するなど、2019年モデルと共通の部分も多いが、こちらもキーボードはMagic Keyboardになり、最も安価な税抜13万4800円のタイプでもSSDは256GBに増量されているのはうれしい点。

 一方の上位モデルは、CPUは2GHz駆動の第10世代Core i5(最大3.8GHz)で、2.3GHzのCore i7(最大4.1GHz)も選択可能。メモリーは下位モデルのLPDDR3に対し、3733MHz駆動のLPDDR4Xの16GB、SSDは512GBからで、それぞれ最大で32GB、4TBの選択も用意されている。価格は税抜18万8800円から。

 なお、Magic Keyboardの搭載にともない、厚みは従来モデルの14.9mnに対し、15.6mmに。重量も1.37kgに対し、1.4kgへとアップしている。

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう